2011年 06月 03日

春にEXOTICAから買ったグラスアロエなど

今日は天気が良いですね。これから業者さんがハウス建築の作業をしてくれるそうです。大丈夫そうなのを選んではいますが、庭に置きっぱなしにしているので(もう自宅には置き場の余裕がないので)、梅雨でダメになってしまう前にハウスが建たないと困ります。


えーと、グラスアロエなどを載せます。春にEXOTICAからいくつか輸入しましたし。
グラスアロエというのは、草(雑草)のような感じのアロエです。あまり人気がないというか、栽培している人が多くないようですが、私は大好きです。


Aloe nubigena(アロエ・ヌビゲナ)
a0212630_8412795.jpg

a0212630_8414027.jpg

グラスアロエです。グーグルで調べてみた限り日本にはまだあまり入って来ていないようです。赤い花が咲くそうですが、もう蕾が付いているので楽しみです。




Aloe woolliana(アロエ・ウーリアナ)
a0212630_8434031.jpg

これもグラスアロエです。葉っぱの先が紫色なのがステキです。まだ小さい株ですが、もっと大きくなると葉の付け根が膨らんで鱗片状になるそうです。調べてみるとAloe chortolirioides var. woollianaと記載されているサイトも多いので、コルトリリオイデスの変種なんでしょう。コルトリリオイデスは・・・枯らしたことがあるのですが・・・。




Aloe bulbicaulis(アロエ・ブルビカウリス)
a0212630_8484856.jpg

これは株の基部が膨らむ球根アロエです。とてもステキな姿です。割とまだ日本ではレアなんじゃないかと思いますが、どうなんでしょう。




Aloe armatissima(アロエ・アルマティッシマ)
a0212630_8551016.jpg

アラビアンアロエ(サウジアラビアからイエメンにかけてが原産地)です。グーグルで調べてみるとかなり色々なタイプがあるようですが、大きくなると葉がこのような互生ではなく旋回するようです。




Aloe richardsiae(アロエ・リカルドシアエ)
a0212630_857176.jpg

これはグラスアロエとされていますが、株の基部が膨らむ球根アロエでもあると思います。リカルドシアエはもう一株持っているんですが、向こうのミスのようで注文していないのに届いてしまいましたw。交配出来ればいいんですが。


春にEXOTICAから買ったアロエはここまでです。
以下、幾つかグラスアロエっぽいものを載せます。



Aloe dominella(アロエ・ドミネラ)
a0212630_8595733.jpg

これも株の基部が膨らみます。ステキです。



Aloe ecklonis(アロエ・エクロニス)
a0212630_91265.jpg

上のドミネラにそっくりですが、葉っぱに小さなノギがあるので違いがわかります。




Aloe cooperi(アロエ・クーペリ)
a0212630_924991.jpg

5年ほど育てていますが、いい感じになってきました。大好きなグラスアロエです。冬には葉っぱが枯れ枯れになりますが、その雰囲気もまたステキです。




Aloe bowiea(アロエ・ボウィエア)
a0212630_943825.jpg

えーと、某店からコルトリリオン・アンゴレンセとして買ったんですが、お店の間違いでした。まあ、いいです。これはどんどん群生します。アロエっぽくないでしょう?




最後に、去年の秋に種を蒔いて実生したものを。


Aloe boylei(アロエ・ボイレイ)
a0212630_1003096.jpg

これもグラスアロエだと思います。大きくなっても葉が互生のままのようで、先が楽しみです。10蒔いて7生き残ったので生存率は高かったです。まだセルトレイに植わっているやつはこれから植え替えます。

今年は焦ってまだ寒いうちに春蒔きしてしまったので、実生アロエの成績はさんざんですが・・・トホホ。

by roka79 | 2011-06-03 10:00 | アロエ


<< マミラリアなど      新しい葉っぱが赤い >>