かくたすあんどさきゅれんつ

roka79.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 03日

マミラリアなど

手持ちのマミラリアはもうほとんど花が終わっているのですが、まだ幾つか咲いているので載せてみます。


a0212630_1645547.jpg

右がMammillaria bocasana(高砂)、左がMammillaria bocasana var. roseana(赤花高砂)、つまり高砂の赤花変種です。高砂の方が若干花が大きく、赤花高砂の方は群生するのが速いです。どうしてなんでしょうね?



Mammillaria bocasana(高砂)
a0212630_16492258.jpg

クリーム色の花で、赤い中筋が薄く入っていて少しノトカクタスの花のようにも見えてステキです。この種のマミラリアは長い間花が咲き続けてくれるので楽しめるのですが、夏の蒸し暑さに弱いためにこれから先の管理に気を付けないといけません。



Mammillaria bocasana var. roseana(赤花高砂)
a0212630_16535074.jpg

こちらは赤花・・・と言っても実際はピンク色ですが。フワフワした毛が可愛らしいですが、鈎状の刺があるので気をつけて触らないとひっかかります。




Mammillaria melaleuca(メラレウカ)
a0212630_16541369.jpg

こういう黄花のマミラリアは他に持っていなかったと思います。この濃い黄色でマミラリアとしては割と大きい花はステキです。残念ながらもう花が終わりかけてしまっていますが・・・。




Mammillaria gasseriana ?
a0212630_16574675.jpg

a0212630_1658061.jpg

大好きなマミラリアなのですが・・・正確な名前がわかりません。購入時はMammillaria gasseriana var. stella-de-taqubayaという名前でしたが、調べてみるとどうもこれは間違いのような気がします。冬の間は縮こまっていましたが、水を吸って膨らんでいます。まあ、これが危険なのですが。





マミラリアは以上です。






塊根を作る南米産の面白いプテロカクタスというのがあるのですが、その代表種のPterocactus tuberosus(黒竜)をようやく入手しました(Pterocactus kuntzeiという名前で入手しましたが、これはPterocactus tuberosusのシノニムです)。
a0212630_1731887.jpg



以前買ったサボテンの鉢に混じっていたもので、おそらくPterocactus tuberosusだろうと思う小さなのもあるんですけどね。これです。どうでしょう?
a0212630_1752820.jpg




最後に、これも面白いサボテンをPuna bonnieaeという南米産の、オプンチア(団扇サボテン)の仲間なのですが、比較的最近になって発見された珍種なのです。これは接木なので、本来の姿とは異なりますが。発根が良いらしいので、一つ台木から降ろして植えてみようと思います。
a0212630_1781225.jpg


by roka79 | 2011-06-03 17:12 | サボテン


<< Death Valley Na...      春にEXOTICAから買ったグ... >>