2011年 06月 14日

すぐ蜘蛛の巣だらけになる・・・

サボテンの記事が続きましたが、今日はユーフォルビアを。


フランコイシー(Euphorbia francoisii)が咲き揃いました。左が普通の緑葉、右がピンク?葉。フランコイシーには色んなタイプがあるので楽しいのですが・・・以前広葉タイプも持っていましたが、枯らしてしまいました。
a0212630_21245078.jpg


a0212630_21265850.jpg

a0212630_2127847.jpg

地味ステキな花です。

同じマダガスカル産の塊根性花キリン類であるデカリー(Euphorbia decaryi)の種を5月に10蒔いたんですが、2つだけ発芽しています。生き残るといいんですが。ちなみに、ビグエリー(Euphorbia viguieri)も同時に蒔きましたが、こちらのほうが発芽率が高いです。



某所でユーフォを入手。種がわからないんですが、小さな葉が出てて可愛いです。車でハウスに輸送途中、隣のサボテンの鉢が倒れて刺が刺さり、毒ミルクが出ちゃいましたが・・・。
a0212630_21315491.jpg

a0212630_2132990.jpg




トルチラマ(Euphorbia tortirama)、復活中。塊根から螺旋を描く刺々しい枝を周りに伸ばすんですが、なかなかこの株が言うことを聞かないヤツでして・・・。似た種のグロエンワルディー(Euphorbia groenewaldii)の方は素直なのに。でもユーフォはサボテンとは違って、もうダメかな・・・?と思っても、しぶとく立ち直る事が比較的多いです。
a0212630_21391356.jpg



ところで、クモがやたら多くて困ります。フランコイシーの花の写真にも写っていますが。
毎日蜘蛛の巣張られまくり・・・。クモは益虫ではあるので、あまり殺すわけにもいかず。


さきほど、EXOTICAからのブツがようやく到着しました。ユーフォは二つ、モナデも二つです。後はイモ色々。もう全部鉢に植え終わったので、これからハウスの方に運びます。

by roka79 | 2011-06-14 21:49 | ユーフォルビア


<< 新顔      当分の間、トマトを買う必要ないかも? >>