2011年 07月 25日

Kleinia sp.

今年の春に輸入したKleinia sp.

a0212630_8471584.jpg

a0212630_8472780.jpg

a0212630_8473849.jpg

雰囲気のある塊茎から葉っぱが生えています。これはキク科で、かつてはScenecioとされていたようです。
What Is Kleinia?に書かれていることとしては、

Kleinia is the genus name for approximately 40 different species of succulent perennials. As part of the Asteraceae family, plants in the genus Kleinia can be found across Africa and the Arabian Peninsula. Most species grow upright and have succulent leaves. Many species have brightly-colored thistle-like flowers at the top of the stem.

Interestingly, plants that are now in the genus Kleinia were originally part of another genus, Senecio. When scientists discovered small differences between the flowers of the plants in the two genera, they separated them. Although some scientists disagree with the separation, most agree that it is botanically correct.

後半の要点を適当に意訳しますと、「現在クレイニアとされている植物は元々はセネキオに分類されていた。しかし、花の形状の小さな差異を科学者たちが発見したことによって分離させられた。その分離に同意していない者もいるとは言え、大半の科学者によってその分離は植物学的に正しいものとされている」。

なお、これはKleinia sp.として買ったものですが、調べてみた限りKleinia abyssinicaのようにも見えます。ただ、面白いことに同じKleiniaでもKleinia fulgens、Kleinia galpinii、Kleinia grantii、Kleinia neriifoliaなどとは結構雰囲気が違うので、多様性が大きいのでしょうか。

by roka79 | 2011-07-25 09:17 | コーデックス


<< Tephrocactus we...      Euphorbia groen... >>