かくたすあんどさきゅれんつ

roka79.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 10日

ペラルゴニウムとサルコカウロンの実生苗

9月16日にペラルゴニウム3種を蒔いてみました。現在の実生苗の状態は・・・。

a0212630_1541375.jpg

Pelargonium quinquelobatum クインクエロバツム (成長するとこんな感じ
これが一番調子がいいです。7本目(左端)が出てきたのでしばらくこのまま。

a0212630_15515410.jpg

Pelargonium cotyledonis コチレドニス
3本残ってます。もうコチレドニスらしさが出ていますが、ちょっと苗が弱々しい感じ。これは少し遅れてもう一回蒔いて、そちらはただいま5本発芽してます(まだ双葉だけですが)。人気種ですが、やっぱり難しいのか、持っていた株は秋になっても目覚めず、チェックしてみたら枯れてました・・・。

Pelargonium curviandrum クルビアンドルム
これは一つも発芽せず・・・。ちなみに手持ちの株はこれです↓。
a0212630_15221022.jpg



ペラルゴニウムの種子には尻尾が付いているのですが、今年は覆土するのではなく、尻尾を上にしてピンセットで土に挿し込むように蒔いてみました。


同じフクロソウの仲間、サルコカウロン(モンソニア)も9月16日に一種蒔いてみました。
Sarcocaulon vanderietiae(Monsonia vanderietiae) バンデリティアエ
a0212630_15335558.jpg

09/22。発芽を始めてます。これも種子に尻尾が付いているのですが、こちらは横置きしてみました。
a0212630_15454214.jpg

ここまで育ったのでそろそろ移植かな、と思ってます。バンデリティアエはサルコとしてはそれほど太らず、盆栽チックになる種で、例外的に夏型らしいんですが、寒さには弱くないだろうし秋蒔きしてみました。

by roka79 | 2011-10-10 15:39 | コーデックス


<< 縞剣山あけぼの斑が分頭      パキポディウムの植え替え >>