2011年 12月 15日

ハウス訪問

某氏のハウスを、知人を誘って訪問しました。

a0212630_234546.jpg

グロッチフィルムの花が驚くほど大輪です。種名はわからないのですが・・・Glottiphyllum parvifolium??? 
右側の青白いのはGlottiphyllum oligocarpumでしょうね。実生をしているんですが、今の所順調です。



a0212630_2395413.jpg

真っ赤な葉のOxalis オキザリス。種名を忘れてしまいました。


a0212630_2313674.jpg

Aloinopsis rosulata 菱鮫のように見えますが・・・。花も葉も素敵です。


a0212630_23145116.jpg

Aloe karasbergensis カラスベルゲンシス。とても素敵な縞模様。実生苗はまだまだ小さいですが、これを目指したいです。


a0212630_23164216.jpg

Aloe thorncroftii トルンクロフティー。鮫肌の希少アロエ。実生をしたいのですが、種がどうしても手に入りません。



a0212630_23203319.jpg

Euphorbia abyssinica 巒岳という和名が付いている物だと思います。伸びてハウスの天井に届いてしまったのでしょうがなくぶった切ったそうです。



a0212630_23235895.jpg

モナデニウムの花の中で、これも一番美しい物の一つだと思います。Monadenium sp. Tanzania Redと言われるものだと思います。



3時間ほど楽しい多肉植物談義が出来たので、とても楽しかったです。


a0212630_23262138.jpg

某氏から葉っぱを3枚いただいてしまいました。見てくださいこの美しさ・・・ビロードのような光沢があって、蝶の羽のような雰囲気もあるように感じます。
これはBauhinia aureifolia バウヒニア・アウレイフォリアという、タイ南部に生えるマメ科のツル植物の葉でして、伺った所によるとアユタヤ王朝 (1351-1767)では、高貴な贈り物として使われていたそうです。
ところが、これの学名が記載されたのは1991年(※1)、つまりたった20年前です。東南アジアの植物はまだまだ未知が多そうです。タイ旅行がますます楽しみになってきました。

by roka79 | 2011-12-15 23:42 | 多肉植物その他


<< サボ/タニネットオフにてサボテ...      セネキオが元気 >>