2012年 04月 25日

タイレポ Ao Phang Nga National Park

タイレポ、2月に途中まで書いたっきりでしたが、続きです。
2012/01/17に撮影したものです。


a0212630_12432020.jpg

クラビ(Krabi)近くです。この辺りはカルスト地形になっています。


a0212630_12444775.jpg

野原に咲いていたマメ科の植物、Bauhinia pottsiiです。


a0212630_12455046.jpg

a0212630_124643.jpg

植物を探索するため、丘に登りました。立っているだけで汗がダラダラ出てくる蒸し暑さでした。ここにEuphorbiaやPhyllanthusがあるということでしたが残念ながら見つからず。


a0212630_12472772.jpg

Hoyaは見つけました。


a0212630_1249362.jpg

その近くの熱帯ヒース林に面白いモノがありました。


a0212630_12495497.jpg

Lecanopteris sinuosaというアリシダです。茎が太って、アリに巣を提供するアリ植物。


a0212630_12512277.jpg

取ってみました。小さなアリなのですがわらわらと出てきました。一緒に写っているのはDischidia rafflesiana アケビカズラです。


a0212630_12525261.jpg

これです。ガガイモ科の植物です。乾季なのでちょっと萎れていますね。


a0212630_12554879.jpg

海辺近くの沼地で見た熱帯スイレン。残念ながら花が咲くちょっと前でした。



午後はメインイベントとでも言うべき、Ao Phang Nga National Parkに行きました。

a0212630_12572782.jpg

マングローブを散策。川が流れて来ていて水がとても綺麗でした。ここにもホヤやランがたくさん生えていました。


a0212630_12583363.jpg

a0212630_12584313.jpg

ボートをチャーターして海へ。最高に気分爽快で、美しい風景に感動しました。

a0212630_1305434.jpg

人工島です。古くからあるそうです。帰りに寄って喫茶店でコーヒーを飲みました。ムスリムが多く住んでいるのですが、彼らはみなお茶を飲んでいました。私が日本人とわかると色々話しかけられました。


a0212630_1323315.jpg

ユーフォルビアがたくさん生えているのがわかりますでしょうか?


a0212630_1333973.jpg

これでわかるでしょう。


a0212630_134362.jpg

a0212630_13414100.jpg

これはEuphorbia antiquorum ふくろ木というものでインド原産なんですが、タイにも自生しています。史前帰化らしいです。岸壁に生えると上の画像のように垂れ下がっているものが多かったです。


a0212630_138424.jpg

これはドラセナだと思うのですが。海面ギリギリ。


a0212630_1384521.jpg

島(007の映画のロケがあったとかでジェームス・ボンド島と呼ばれています)に上陸。ユーフォルビアを撮影しようと岩の上まで登ったのですが、アリの攻撃が猛烈で・・・すごく痛くて悲鳴が出るほど。これもちょっとピントがボケてしまいました。


a0212630_13112570.jpg

せっかくなので撮ってもらいました。


a0212630_1311589.jpg

帰り、夕暮れ時の光景がとても素晴らしくて息を飲むほど。人工島でコーヒーを飲みつつお喋りしていたらすっかり夜になってしまったのですが、星空の美しさと言ったら・・・ずーっと星を眺めていました。ここはプーケット島から近いのですが、行ってよかったです。

by roka79 | 2012-04-25 13:15 | 自然観察


<< 荷が届きました アロエ      Aloe boyleiの根が太い >>