かくたすあんどさきゅれんつ

roka79.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 11月 25日

汚れちまった悲しみに

またボチボチやるとか言いながら、今日も更新しちゃいます。

サボテンが、汚れちゃってるんですよ・・・カイガラムシの奴のせいで!

a0212630_17363116.jpg

このトレイ、滅多に水をやらないグループをまとめて置いているんですが、左側のサボテンたちが黒ずんでしまってるのがわかるでしょうか。カイガラムシが付いちゃって、いくら竹串や歯ブラシでこそぎ落とし、手に入る薬剤を使ってみても、どうにもカイガラムシが絶えてくれない。で、カイガラムシの排泄物が原因のすす病になってしまいまして・・・。右側のサボテンたちは何故かぜんぜん付かないんですけど。


まあ、これまで載せてなかったので、個別に画像を載せてみます。

a0212630_1740527.jpg

Pediocactus peeblesianus var. peeblesianus 斑鳩
これは2011年に入手したものですが、刺が真っ黒になっちゃってます・・・。


a0212630_1743331.jpg

Sclerocactus papyracanthus 月の童子
これも2011年に入手したもの。まだマシですが、撮影前に竹串でカイガラムシ落としました。

a0212630_17472421.jpg

ちなみにこれは去年撮影した開花画像です(2012/05/07撮影)。

a0212630_1745088.jpg

Pediocactus knowltonii ノウルトニー
これは以前開花した時に載せましたが、今やこんなに真っ黒に・・・あああ。周りの土の表面も黒く汚れてますね・・・。

a0212630_17483540.jpg

Copiapoa cinerea var. dealbata 黒士冠
一方、近くに置いてあるのにぜんぜん汚れていないコピアポア。今日は曇っていたんで、写真映りの良いのを載せました(2013/05/25撮影)。


a0212630_17511673.jpg

Mammillaria karwinskiana 白蛇丸
これも、下の方が黒ずんじゃっています。マミラリアも、カイガラムシが付きやすいのがあります。


昨夜、某巨大掲示板で「カイガラムシなんとかならないか」みたいな事を書いてみたんですけど、「温室を隔離、処置、経過観察、安全の4つに分けてみたらどうか」とか、「薬に頼るのは薬剤耐性を強くするだけ」とか、「ヤバくなる季節に予防散布したらどうか」とか、色んなご意見を頂いたんですけど、結局「カイガラムシ対策の根本的な解決法は存在しない」というのもあって。栽培方法がマズいせいで株が弱ってるとカイガラムシが付きやすくなるというのはわかるんですけど、カイガラムシが付きやすい/付きにくいってのは、やっぱり種類や個体差の問題で、完全にカイガラムシ・フリーにすることは不可能なんでしょうか・・・?


おまけ。

a0212630_1824513.jpg

Maihueniopsis mandragora
今年の秋に某園で入手したマンドラゴラ。杢キリン接ぎで、微妙にシワが寄っていますけどもう活着してるのかしら。

by roka79 | 2013-11-25 18:10 | サボテン


<< 濡れる      久しぶりの更新です・・・モナデ >>