かくたすあんどさきゅれんつ

roka79.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 09日

アメリカ旅行記 その5

アメリカ旅行記 その5です。
2014年1月20日の記録です。ビッグ・ベンド国立公園(Big Bend National Park)については一つの記事にまとめることも考えましたが、ものすごく長くなりそうなのでこれまで通りの書き方にします。
なお、今回から植物の画像はサイズを大きくしました。拡大出来るのでよろしければどうぞ。

フォート ストックトンからUS-385を南下するとMarathonという田舎町に着くのですが、Marathon Basinはサボテンの自生地として有名だそうで、ルサンタス(E. russanthus)などが生えているそうです。Shabomaniac!氏からの情報で、町の南3マイルほどにある丘(道路の右側)にエスコバリア・ミニマ(E.minima)やダビシー(E. viridiflorus var. davisii)などが生えているということなので、車を停めて丘に登りました。向こうで「TEXAS CACTI」という本を買ったのですが、これを見てもエスコバリア・ミニマの自生地はこの辺りだけと記載されています。

a0212630_10534525.jpg
ここです。右側の丘にも左側の丘にも鉄条網をくぐって登りました。ボーダー・パトロールが来た時の言い訳のためにトイレットペーパーを持って。しかし、いくら探してもお目当てのサボテンが見つからない!

a0212630_00304735.jpg
エスコバリアらしきものは見つけましたがミニマではない。

a0212630_10535902.jpg
キリンドロオプンチア・インブリカータ(Cylindropuntia imbricata)が実を付けていました。時間がないのでこの日はもう諦めて、ビッグ・ベンドに向かったのでした。

ちなみに、フィールドナンバーの付いたルサンタスは入手しまして。
a0212630_11040761.jpg
Echinocereus russanthus SB420 Brewster County, Texas
この辺りのものです。

a0212630_11090836.jpg
公園の入り口に到着。この先すぐにエントランスステーションがあるのですが、この日はたまたまフリー・デーということでタダで入れました。入園料は一週間20ドルです(車のフロントウィンドウの内側にペタッと紙を貼っておきます)。

a0212630_11134652.jpg
わかりやすくなるように、公園のマップを貼っておきます。

まず目指したのはDagger Flat。
a0212630_11160757.jpg
a0212630_11161068.jpg
ユッカのたくさん生えている所です。ここに亀甲牡丹が生えているという情報がありまして。

a0212630_00340210.jpg
御旗(Echinocereus dasyacanthus)

a0212630_00344461.jpg
おそらくこれはルサンタス。

a0212630_00355718.jpg
a0212630_00360188.jpg
問題はこいつです。エキノマスタスのようにも見え、エスコバリアのようにも見え…。でも単頭で生えていることからして、藤栄丸(Echinomastus mariposensis?)?調べてもなんとも言えないので、お詳しい方が居らっしゃいましたら教えてください。

追記:これはワルノッキー(Echinomastus warnockii)だというご指摘です。

a0212630_00421713.jpg
太平丸(Echinocactus horizonthalonius)
私が見た限り、ここの太平丸は辛そうでした。

a0212630_00422145.jpg
刺の長いオプンチア。うーん…Opuntia macrocentra?

探しても亀甲牡丹が見つからないので、諦めて次のポイントに移動。

a0212630_11314653.jpg
公園の東側、南東の端の方にあるHot Springs Rd.です(右にちょっと写っているダート)。

a0212630_11315257.jpg
a0212630_11315553.jpg
この辺かな…というところで車を停め、丘に登りました。冬なのに草花がたくさん咲いています。

a0212630_00422635.jpg
a0212630_00422901.jpg
松毬丸(Escobaria tuberculosa)

a0212630_00492512.jpg
a0212630_00493001.jpg
太平丸(Echinocactus horizonthalonius)です。

a0212630_00493509.jpg
これは、Corynopuntia(=Grusonia)の何かです。Corynopuntia aggeria?

a0212630_00501745.jpg
a0212630_00502115.jpg
a0212630_00502520.jpg
大碇(Ferocactus hamatacanthus)
これは結構たくさん生えていました。パッと見、羅紗錦と似ていてどちらもここに分布しているのですが、拡大して調べて大碇だろうと。

a0212630_11515184.jpg
道の終点まで行って、また丘に登りました。

a0212630_00510332.jpg
大碇(Ferocactus hamatacanthus)

a0212630_00510633.jpg
さて、問題はこいつです。ワルノッキー(Echinomastus warnockii)だと思うのですが、どうでしょう。
追記:これはコリファンタ・エキヌス(Coryphantha echinus - probably)だろうというご指摘です。


a0212630_11581322.jpg
公園の南東の端にあるBoquillas Canyonに行ってみました。下を流れるリオ・グランデ川の対岸はメキシコです。

a0212630_11582436.jpg
トレイルを散策。

a0212630_00560831.jpg
見た目と分布域からして、Opuntia aureispinaだろうと思います。

a0212630_00563135.jpg
ここにも太平丸が生えています。手前は枯れた個体の残骸ですね。

a0212630_00565171.jpg
Corynopuntia(=Grusonia)の何か。

a0212630_00570615.jpg
こんな風にマット状に広がってたくさん生えています。

a0212630_00572153.jpg
ヤトロファ・ディオイカ(Jatropha dioica)です。これもたくさん生えています。樹液が赤く、メキシコではSangre de Drago(竜の血)と呼ばれるデザートプランツ。

a0212630_00574062.jpg
a0212630_00574553.jpg
ほとんど横を向いて生えている大碇。

a0212630_12133273.jpg
夕暮れも迫ってきていましたが、もう一度Hot Springs Rd.の丘に登ってみました。しかしめぼしい収穫なし。サボテン探索はやっぱり難しい…。

a0212630_12133789.jpg
こうして、ビッグ・ベンドの初日は終わったのでした。見つけられなかったサボテンも多くて悔しかったですが、初めてならこんなものかもしれません。ここからフォート ストックトンまで200km以上あり、真っ暗な夜道を走って戻るのが辛かったです。休憩中に見た星空はものすごく美しかったですが。

つづく。


by roka79 | 2014-02-09 12:48 | 自然観察


<< アメリカ旅行記 その6      Xerosicyos perr... >>