カテゴリ:サボテン( 49 )


2011年 07月 20日

Pereskiopsis diguetii 麒麟団扇

Pereskiopsis diguetii 麒麟団扇、なんと一年半以上も水をやらず放置していて、生きているのか死んでしまったのかよくわからない状態だったんですが、植えなおして水をやり始めたらすぐに復活しました。なんというしぶとさなんでしょうか。
a0212630_11205796.jpg

a0212630_11213641.jpg


黄色い花が咲くんですが、見てみたいものです。これからは真面目に育てることにします。

by roka79 | 2011-07-20 11:23 | サボテン
2011年 07月 05日

ギムノカリキウムの白い花が好き

ギムノカリキウムの白い花が好きです。

咲きました。
Gymnocalyciummihanovichii var friedrichii 牡丹玉


a0212630_175569.jpg

a0212630_176581.jpg


Gymnocalycium eurypleurum 勇将丸

a0212630_1765857.jpg

a0212630_1778100.jpg


Gymnocalycium denudatum var. paraguayensis 海王丸

a0212630_1775270.jpg

a0212630_178237.jpg


サボテンに限らず白い花が好きなのですが、ギムノの白い花はなんとも言えない凛とした佇まいがあって大好きです。それにしてもハウスがあるとよくサボテンの花が咲くものですね。
ギムノの遮光は他のものと同じです。特に強めにはしていません。今の時期、水やりは割と多めにしています。

by roka79 | 2011-07-05 17:11 | サボテン
2011年 07月 01日

Gymnocalycium quehlianum が咲きました

Gymnocalycium quehlianum 竜頭 が咲きました。
a0212630_14574686.jpg

a0212630_14575376.jpg

Gymnocalycium quehlianum 'curvispinum' 瑞晶玉というのがありますが、これはどちらなのかわかりませんので、とりあえず基本種の竜頭としておきます。貼り付いた短い黒刺もステキだし、花も地味だけど雰囲気のあるギムノだと思います。快竜丸なんかもステキなんですけどね。


Astrophytum capricorne var. crassispinum 大鳳玉 も咲きました。
a0212630_1525668.jpg

a0212630_153427.jpg

アストロフィツムらしい黄花ですが、キレイな花だと思います。小さい割にカーブした強い刺もステキ。私はサボテンは刺が強い方が好きな傾向があって、アストロフィツムも兜にはどうも惹かれません。

by roka79 | 2011-07-01 15:07 | サボテン
2011年 06月 23日

Frailea pumila ? が咲きました

フライレア・プミラ ?(Frailea pumila ?) 虎の子 ?の花が咲きました。
a0212630_17161333.jpg

とても小さい花ですが・・・。フライレアの花を咲かせることが出来たのは初めてです。ベランダ栽培ではいつも開花せずに受粉してしまっていましたが、やはりハウスがあると温度が高いせいで開花するのでしょう。


赤花貴宝聖としていただいたモノも咲きました。
a0212630_17183550.jpg

青王丸の赤花タイプで、作出されたものらしいです。赤花というよりオレンジ&ピンク花ですが。


それにしても暑いですね。ハウスの中はとても暑くて作業するのも大変です。父が熱中症で倒れ、救急車で病院に運ばれる羽目になりました。私も気を付けないと・・・。

※記事を訂正しました?なのは、種が確定出来ないからです。Frailea mammiferaとして買ったものですが、間違っていたようです・・・。

by roka79 | 2011-06-23 17:21 | サボテン
2011年 06月 21日

やっぱりハウスがあると

やっぱりハウスがあるとサボテンの花がよく咲く気がします。

Parodia concinna 河内丸

a0212630_1754591.jpg
a0212630_1755249.jpg

花は短くて見れればラッキーですが、無事に見れました。パロディアに変わっていますが、旧ノトカクタスの花は花弁がキラキラしてて綺麗で大好きです。

Echinocereus melanocentrus 摺墨
a0212630_1781288.jpg
a0212630_1781980.jpg

二輪同時に咲きました。この花は色合がとてもステキだと思います。

Aztekium ritteri 花篭

a0212630_17101887.jpg

とても小さい株ですが、それでも可愛らしい花を咲かせてくれました。これは成長がすごく遅いので、のーんびり育ててます。


春に蒔いたCarnegia gigantea 弁慶柱の移植をしました。もっと発芽したのですが、これだけ生き残りました。
a0212630_17173976.jpg


アメリカで買ったフェロカクタスMIXの袋を見つけたので蒔いてみました。5ドルほどでしたが、すごくたくさん種が入っていました。楽しみです。

by roka79 | 2011-06-21 17:20 | サボテン
2011年 06月 13日

Mammillaria fraileanaが咲きました

Mammillaria fraileana(風蓮)が咲きました。

a0212630_2320976.jpg

a0212630_23201957.jpg

a0212630_23214680.jpg


メキシコのバハ・カリフォルニアに自生しているマミラリアです。アメリカ側にも生えてるかも。
マミラリアにしては花が大輪で、とても可憐でステキです。鈎刺もステキ。


バハ・カリフォルニアにすごく行きたいです・・・が、メキシコは危険なので、テキサス&ニューメキシコに行くかどうか迷っています。

by roka79 | 2011-06-13 23:25 | サボテン
2011年 06月 12日

Echinocereus viridiflorus var. davisiiが咲きました

ダビシー(Echinocereus viridiflorus var. davisii)が咲きました。Echinocereus viridiflorusは黄緑色の花が咲く青花蝦という種のことですから、その変種です。青花蝦も持っていてすでに花は終わってしまいましたが、このダビシーは小さくて刺が強いタイプのようです。
a0212630_22124148.jpg

a0212630_22125191.jpg

よく見ると鉢の右隅に小さな子供が・・・。どういうことでしょうか?


エキノケレウスは好きになってきて、収集しつつあるのですが、花がもう終わってしまったものが多いです。
でも、まだ蕾が付いてるのが幾つか。

a0212630_22144068.jpg

大仏殿(Echinocereus subinermis)です。これは綺麗な花が咲くので楽しみです。

a0212630_22155763.jpg

これは摺墨(Echinocereus melanocentrus)です。これも綺麗な花なんですよ。

a0212630_22165698.jpg

紫太陽(Echinocereus rigidissimus var. rubispinus)という人気種です。右側、ちょっと表皮が剥げてしまいましたがちゃんと蕾を付けました。

エキノケレウスは以上です。


a0212630_22193327.jpg

a0212630_22194491.jpg

葉団扇(Brasiliopuntia brasiliensis)をバラしたんですが、根付いて新しい茎節を出してきました。これは大木になるウチワサボテンなので、大きく育てたいです。

a0212630_22213377.jpg

実生した河内丸と青王丸です(上の方が河内丸、下の方が青王丸)。河内丸はParodiaに統合されて学名がParodia concinnaになっているようです。青王丸はParodia ottonisです。なぜか河内丸の方が大きくなるのが速く、青王丸はこのサイズでもう子吹いてしまっています。



a0212630_2226102.jpg

ハウスの棚が出来たので、もう中に運び込みました。この後、ハオルチアやメセンなども運びましたのでもっと増えていますが。左は、トレイも目の粗いメッシュタイプを使って、下のスペースを有効活用出来るようにしたいと思っています。夜に作業するためにライトも欲しいところ。

by roka79 | 2011-06-12 22:34 | サボテン
2011年 06月 03日

マミラリアなど

手持ちのマミラリアはもうほとんど花が終わっているのですが、まだ幾つか咲いているので載せてみます。


a0212630_1645547.jpg

右がMammillaria bocasana(高砂)、左がMammillaria bocasana var. roseana(赤花高砂)、つまり高砂の赤花変種です。高砂の方が若干花が大きく、赤花高砂の方は群生するのが速いです。どうしてなんでしょうね?



Mammillaria bocasana(高砂)
a0212630_16492258.jpg

クリーム色の花で、赤い中筋が薄く入っていて少しノトカクタスの花のようにも見えてステキです。この種のマミラリアは長い間花が咲き続けてくれるので楽しめるのですが、夏の蒸し暑さに弱いためにこれから先の管理に気を付けないといけません。



Mammillaria bocasana var. roseana(赤花高砂)
a0212630_16535074.jpg

こちらは赤花・・・と言っても実際はピンク色ですが。フワフワした毛が可愛らしいですが、鈎状の刺があるので気をつけて触らないとひっかかります。




Mammillaria melaleuca(メラレウカ)
a0212630_16541369.jpg

こういう黄花のマミラリアは他に持っていなかったと思います。この濃い黄色でマミラリアとしては割と大きい花はステキです。残念ながらもう花が終わりかけてしまっていますが・・・。




Mammillaria gasseriana ?
a0212630_16574675.jpg

a0212630_1658061.jpg

大好きなマミラリアなのですが・・・正確な名前がわかりません。購入時はMammillaria gasseriana var. stella-de-taqubayaという名前でしたが、調べてみるとどうもこれは間違いのような気がします。冬の間は縮こまっていましたが、水を吸って膨らんでいます。まあ、これが危険なのですが。





マミラリアは以上です。






塊根を作る南米産の面白いプテロカクタスというのがあるのですが、その代表種のPterocactus tuberosus(黒竜)をようやく入手しました(Pterocactus kuntzeiという名前で入手しましたが、これはPterocactus tuberosusのシノニムです)。
a0212630_1731887.jpg



以前買ったサボテンの鉢に混じっていたもので、おそらくPterocactus tuberosusだろうと思う小さなのもあるんですけどね。これです。どうでしょう?
a0212630_1752820.jpg




最後に、これも面白いサボテンをPuna bonnieaeという南米産の、オプンチア(団扇サボテン)の仲間なのですが、比較的最近になって発見された珍種なのです。これは接木なので、本来の姿とは異なりますが。発根が良いらしいので、一つ台木から降ろして植えてみようと思います。
a0212630_1781225.jpg


by roka79 | 2011-06-03 17:12 | サボテン
2011年 06月 02日

テロカクタスとエキノカクタス

今はマミラリアが一番好きなのですが、最近これまでほとんど手を出してこなかったテロカクタスとエキノカクタスを入手してみましたので、載せてみます。

Thelocactus hexaedrophorus var. fossulatus(緋冠竜)
a0212630_2495318.jpg

国内実生球だろうとは思いますが、なかなか刺が強くていい感じの株なので入手しました。


Echinocactus glaucescens(王冠竜)
a0212630_2531423.jpg

刺無王冠竜ってのがよく売られてますが、やっぱり刺がないと・・・。


ちなみに実生してる名無しのサボテンで、王冠竜っぽいのがあります。これです。
a0212630_255987.jpg

どうでしょうか?



まあ、大好きなマミラリアも同じ機会に入手したんですけどね。これです。
Mammillaria geminispina(白珠丸)
a0212630_257294.jpg



マミラリアでは、今も幾つかまだお花が咲いてるんですが、後日紹介します。

by roka79 | 2011-06-02 02:59 | サボテン