<   2011年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

モナデニウムの花3種

モナデニウムが3種、咲いています。

a0212630_15453265.jpg

a0212630_15454791.jpg

スタペリオイデス(Monadenium stapelioides)
地味だけどよく見ると面白い形の花です。


a0212630_15472774.jpg

a0212630_15473648.jpg

カテナツム(Monadenium catenatum)
地味地味な小さい花です。


a0212630_1549818.jpg

a0212630_15491841.jpg

a0212630_15492823.jpg

エキヌラツム(Monadenium echinulatum)
これが3種の中では一番面白い花でしょう。まだ株が小さいせいか花の付き方が派手ではないですが。茎の刺も葉の縁もいい感じだと思います。


a0212630_15522555.jpg

冬対策第一段階として、外張りのビニール横部分を張ってもらいました。巻上げ式です。密閉すると、晴れた日の昼間はハウスの中がムッとする暑さ。真夏に密閉してたらすごくヤバそうです。もう少し寒くなったら内張りもしてもらいます。

by roka79 | 2011-10-31 15:58 | ユーフォルビア
2011年 10月 28日

サボテンの実生苗、晩秋の状態

この時期、ネタ不足です。という訳で、今年のサボテン実生苗の状態など。

a0212630_1525180.jpg

マイフェニオプシス・ボリビアヌム(Maihueniopsis bolivianum) です。M.bolivianaの方が通りがいいですが。全然発芽しなかったんですが、「そのまま雨ざらしにしておくとポッと発芽することもある」という事で、ベランダに出しっぱなしにしておいたら、先日の大雨に当たったせいか、いまになって発芽してきました。子葉が出てるのが1本、発根してるのが1本見えると思いますが、もう1本発根しています(この画像だと見えませんが)。まあ、まだこの段階では、本物なのかまったく判断付きません。こんな感じになるはずなんですが。


a0212630_1530203.jpg

グルッソニア・ブラディアナ(Grusonia bradtiana) です。これも団扇サボテンの一種です。3本ありますが、一番成長が良いのがこれ。っても、まだこんなもんですが。大きくなるとこんな感じにかっこよくなります。


a0212630_15341792.jpg

シンチア・クニゼイ(Cintia knizei) です。ナピナと言われていたものだと思います。これが成長遅くて・・・ようやくこんなもんです。なんか縦長になってしまってるし。シンチアらしくなるのには一体どれくらいの年数がかかるのか。


a0212630_15401920.jpg

マミラリア・テトランシストラ(Mammillaria tetrancistra) です。この前チマチマ移植したんですが、脱落もなく、まあまあ順調に成長しているようです。


a0212630_1542196.jpg

マミラリア・アルビコマ(Mammillaria albicoma South of la Escondida) 淡雪丸 です。移植して間もないです。
La Escondidaってどこ?って調べてみるとメキシコに何箇所かあるんですが、アルビコマの自生地はタマウリパス州あたりなはずで、ちょっと謎です・・・。この時点で、もうフワマミらしさが出ています。


a0212630_15501780.jpg

Echinocereus leucanthus(旧Wilcoxia albiflora) です。これも移植して間もないです。それほど縦に伸びてません。イマイチ成長が遅いです。根は、太い直根が生えていましたが。


残りの実生苗も移植しないと。

by roka79 | 2011-10-28 15:58 | サボテン
2011年 10月 26日

里芋美味しかったです

そろそろ採れるかな?と思い、里芋を一株引っこ抜いてみました。

a0212630_1914579.jpg

コイツです。

a0212630_19151460.jpg

塩茹でして、昼に食べてみました。

a0212630_19154949.jpg

醤油を付けて食べてみたんですが、柔らかくて、とても美味しかったです。ただ、芋の収穫量がちょっと少なかった気がします。来年は場所を変えてもっとたくさん植えて、追肥と土寄せもちゃんとやってみようと思います。

by roka79 | 2011-10-26 19:17 | 果樹・野菜
2011年 10月 26日

スタペリアンサス・ピロサスが咲きました

スタペリアンサス・ピロサス(Stapelianthus pilosus)が咲きました。

a0212630_1923231.jpg

a0212630_1924337.jpg

2枚目、花のアップを撮影しようとしたらピンぼけになっちゃいましたが。
これ、ウチではなかなか咲かなかったのですが、今年は咲いてくれました。保険のために株分けしてあるので、小さな株です。すぐ下に蕾がついてます。

寒くなってきました。もうそろそろガガイモの花の季節も終わりでしょうか。

by roka79 | 2011-10-26 19:06 | ガガイモ
2011年 10月 23日

オトンナの実生苗

9月16日にオトンナ3種を蒔いてみました。

a0212630_10144985.jpg

Othonna cakilifolia カキリフォリア。09/22撮影ですが、もう発芽をしています。このカキリフォリアはオトンナには珍しく紫色の花が咲くんですが、種も紫色をしています。成長するとこんな感じ

a0212630_10172043.jpg

現在の状態。5本あります。これ、成長が速いように見えますが、まだ本葉が出てきてないんです・・・。


a0212630_10185369.jpg

Othonna armiana アルミアーナ。09/30撮影です。一つしか発芽しませんでした。

a0212630_10195782.jpg

現在の状態。カキリフォリアより発芽が遅かったのに、その後の成長は順調のようです。


a0212630_10204879.jpg

Othonna macrosperma マクロスペルマ。macro(大きい)+sperma(種)という種小名の通り、種が大きいのですが、なかなか発芽しないのでダメかな・・・と思っていたら一つだけ発芽しました。10/06撮影。これは、こんな風に盆栽状になりますが、成長遅そうです。

a0212630_10275826.jpg

現在の状態。これも、発芽が一番遅かったのに、その後の成長は順調のようです。

カキリフォリアは、なんで本葉が出てこないの・・・?

by roka79 | 2011-10-23 10:31 | コーデックス
2011年 10月 23日

サクララン、来年に期待

6月にHCで100円処分品として売られていた小さな Hoya carnosa サクララン を買ったのですが、バラして5つの鉢に挿しておいたら全部根付いて、夏の間に結構成長してくれました。

a0212630_9565031.jpg

a0212630_957258.jpg

今年は花は咲かなかったと思いますが、来年は吊り鉢にまとめて植えてみてみるつもりです。花を期待してます。一枚目、左隣にちょっと写っているHoya lanceolata ssp. bella ベラ は幾つも花が咲いてくれましたけど、これも吊り鉢に植え替えして用土も変えてみようと思ってます。

a0212630_1054619.jpg

ベラの花。まるで砂糖菓子みたいで綺麗です。

by roka79 | 2011-10-23 10:06 | ガガイモ
2011年 10月 23日

ラモシッシマの実生

今年、Aloe ramosissima ラモシッシマ の実生をしてみました。

a0212630_9265447.jpg

a0212630_927452.jpg

まだこんな状態なので、ラモシッシマらしくなるのには相当時間がかかると思いますが。

なぜ実生をしてみたかと言うと・・・。

a0212630_9281437.jpg

これ、某所でラモシッシマとして入手したものなのですが、全然枝分かれしないので、多分ディコトマだろう・・・と。

a0212630_9295794.jpg

これは比較するためにHCで買ってみたディコトマです。うーん・・・。


a0212630_9331031.jpg

これは去年蒔きの「パキガステルとして種を買ったもの」の今の姿ですが、アロエの場合幼苗の姿は成長した株とずいぶん違う場合が多いので何とも言えないんですが、ちょっと怪しいような気も。

a0212630_9402180.jpg

成長が遅いのでまだ小さい株ですが、これがAloe pachygaster パキガステル。


a0212630_9432176.jpg

なっかなか発芽しないのでダメかな・・・と諦めかけていたAloe laeta ラエータ は、ようやく発芽を始めてくれました。

by roka79 | 2011-10-23 09:48 | アロエ
2011年 10月 20日

カブとコマツナ、発芽しまくり

先日蒔いたカブ(四季まき小カブ)とコマツナなんですが、すごい発芽率です。袋に発芽率80%以上とか書いてありましたが、その通りでした。

a0212630_1832253.jpg

カブ。

a0212630_183495.jpg

コマツナ。


今年は試験栽培のつもりで蒔いてみたんですが。隣のおばちゃんと話して「間引きしますよ」と言ったら、曰く「もったいない。もう少し育つまで間引きしないで、その間に周りを耕して耕作面積を広げておいて、間引きした苗をそこに植えなさい」。庭に捨てておいたお化けナスも、「もったいない。これを幾つにも割って乾かしておけば種が採れる。それを来年蒔けばいい」。さすがです・・・。来年は家庭菜園向けの耕運機を買いたいです。


a0212630_18115659.jpg

近くに生えていたキノコ。食われてるから、人間も食えそうだけど・・・。キノコ栽培というのも面白そうですね。

by roka79 | 2011-10-20 18:15 | 果樹・野菜
2011年 10月 18日

メセンの咲かせ下手

メセンの花を綺麗に咲かせるのが下手なのを痛感します。

a0212630_1457150.jpg

これは、Delosperma lydenburgense リデンブルゲンセ ですが、花付きはまあまあだけど、花が大きくないです。

a0212630_14584379.jpg

このDelosperma crassum クラッスム (SB995)にいたっては、お見せするのが恥ずかしいくらい花が小さいです。


潅木状になるメセンの栽培環境は全体的に見直した方がよさそうです。用土を変えるとか、水やり間隔も変えるとか、屋外雨ざらしにするとか。


a0212630_1563429.jpg

このグロッチフィルムも、蕾はたくさんついてますけど、これを同時に咲かせて満開にするコツがわかりません。鉢回しはしているんですが。


a0212630_1594020.jpg

このコノフィツムだって、かなり群生はしたけどご覧のように真ん中が枯れてしまっていて、こういう群生株は茎が木質化して水や養分を吸い上げにくくなってるから、もうバラした方がいいでしょうし。


冬に向けて、メセン栽培の勉強をしなくちゃ。

by roka79 | 2011-10-18 15:17 | メセン
2011年 10月 14日

王犀角が咲きました

蕾が膨らんでいくのを見守っていた Stapelia gigantea 王犀角、ついに咲きました。

a0212630_12364846.jpg
a0212630_1237713.jpg

この花のデカさ!花弁がめくれかえってますが、直径25センチ以上あるでしょう。ギガンテアの名前に値する立派な花です。隣に咲きそうなデカい蕾が一つありますが、もう重みで茎が垂れ下がってポキリともげそうです。
一枚目、ハエがとまってますよね。ハウスに入ったらこれの周りをハエがブンブン飛んでました。

a0212630_12412392.jpg

花のアップ。おや?なんか白い小さなのが・・・。ウジ虫です。ハエが産卵してウジが湧くんですよね。餌がないからウジ虫は死んじゃうんですが。臭いは、花のデカさの割にはそれほど強烈ではないんですが、それは人間にとってであって、ハエにとってはとても強い魅力的な臭いがするんでしょう。


参考までに、以前咲いたStapelia grandiflora 大花犀角の画像も載せてみます。
a0212630_12475050.jpg

これも名前の通り花がデカいですが、花が少し違いますよね。(2008/07/31撮影)。こっちのが腐肉っぽい。


ついでに・・・と言うと可哀想ですが。

a0212630_12494390.jpg

a0212630_1249561.jpg

ピアランサス・フラメシー(Piaranthus framesii)として入手したものです。でも花を見る限り、ピアランサスの違う種か雑種のように見えます。星型の綺麗な花。こっちのが可愛いしグロくないから好みな方も多いかしら?


a0212630_1314153.jpg

a0212630_12542757.jpg

スタペリアンサス・デカリー?(Stapelianthus decaryi?)。なぜ?なのかと言うとStapelianthus madagascariensisも持っていて、この2種は見た目もそっくり、花もさほど変わらない・・・けど、ググッて比較してみた結果、デカリーっぽいので。もしかしたら交雑してるのかもしれません。スタペリアンサスだと、フワフワした毛が生えてるピロサスが人気のようですが、僕はこっちの刺々しい方が好きですねー。

by roka79 | 2011-10-14 13:03 | ガガイモ