<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 15日

タイレポ Sri Phang Nga National Park

タイレポその4です。
01/16の午後は、Sri Phang Nga National Park スリ・パンガー国立公園に行きました。


a0212630_1834116.jpg

案内人さんの仕事が終わるまで辺りを歩いていたら、いきなりデカい蜘蛛が。ここはパラゴムノキの林です。原油価格の高騰もあるし、天然ゴムは結構お金になるようです。



a0212630_1841633.jpg

その近くにたくさん植わっていた刺々しい植物。後で訊いたらサラカヤシ(Salacca zalacca)だそうで、果実は食べられます(だから植わっていたんですね)。

a0212630_18501177.jpg

これがその果実。道端の露店で売られていました。果皮が蛇皮みたいなので英語ではsnake fruitとも呼ばれます。安いので買って食べてみましたが・・・味は甘酸っぱくて美味しいのですが、クセのある匂いがします。ちなみにこの露店で案内人さんはドリアンを貪り食ってましたが、私はパス。



a0212630_18552123.jpg

これは何だろ?と思って調べたんですが、フクジンソウ(Cheilocostus speciosus = Costus speciosus)というショウガ科の植物でした。茎がクルクルッと旋回して、綺麗な花が咲きます。赤いアリがたかっているのがわかるでしょうか。


a0212630_18591095.jpg

白花が飛んでしまったので、翌日別の場所(海の近くの泥地)で撮影したものを一枚。



a0212630_198365.jpg

a0212630_19111255.jpg

デカいユーフォルビア。この辺りでは普通の植栽。


a0212630_1912186.jpg

海が近いので、マングローブの植物もこんな風に鉢植えに。ハマザクロ・・・かな?


a0212630_1915226.jpg

小魚をグラグラ煮て天日干ししていました。ちょっと食べさせてもらったのですが、とても美味しかったです。





a0212630_1913649.jpg

いよいよSri Phang Nga National Park スリ・パンガー国立公園へ。車で行くと入園料ふんだくられるという事で、バイクで2ケツして行きました。こんな未舗装の田舎道ですが、まだ公園のゲート手前です。


a0212630_19165699.jpg

高木。熱帯雨林の樹冠生態系の研究が大変なわけです・・・。


a0212630_1919548.jpg

案内人さんと別行動で遊歩道を散策。涼しげな森林浴~という雰囲気ですが、かなり蒸し暑いです。


a0212630_19233014.jpg

樹の幹にはシダなどの着生植物がたくさん。


a0212630_19252337.jpg

案内人さんに後で訊いたら「これは毒があって危ない。かぶれる」と言っていましたが、クジャクヤシ(Caryota)の一種だとわかりました。調べてみると面白い植物です。


a0212630_19322780.jpg

遊歩道は意外と短くて、最奥には滝がありました。Tamnang waterfallで間違いないと思います。


a0212630_1933568.jpg

滝壺で泳いでいる観光客が結構居てビックリ。登山中は誰にも会わなかったのに山頂は人だらけ、という感じでしょうか。SWIM WITH FISHという看板がありましたが、本当に魚がウヨウヨ居ました。


a0212630_1938147.jpg

a0212630_19382366.jpg

着生ランです。ブルボフィルム・リラキヌム(Bulbophyllum lilacinum)で間違いないと思います。「ライラックのような花」という意味の種小名です。


a0212630_19415363.jpg

a0212630_1942351.jpg

これは翌日別の場所で撮影したモノ。国立公園内では採取はNGなので、ここで採取しました。



a0212630_1947963.jpg

a0212630_19471878.jpg

国立公園とは言え、東南アジアの本格的な熱帯雨林にはじめて踏み入ったわけですが、時を忘れるほど楽しくて、とてもいい体験になったと思っています。

by roka79 | 2012-02-15 19:56 | 自然観察
2012年 02月 09日

タイレポ 水生クリナム自生地へ

タイレポその3です。2012/01/16撮影。


a0212630_1841593.jpg

ラノーン(Ranong)の夜明け前。すぐ近くに温泉があり、周りがゲストハウス街になっています。ここで働いている人はミャンマー人が多いんだそうです。


a0212630_18463486.jpg

温泉の画像を一枚。盗撮した訳ではありません^^;。足湯があったり温泉プールがあったりしたので足湯してみたんですが、お湯が・・・すごく熱い!日本人の私ですら熱すぎると感じたんですが、タイ人や欧米人にとっては熱湯なのでは・・・?


a0212630_18501179.jpg

ヒメノカリスだと思われます。英名ではspider lilyって言うんですね。後に載せる水生クリナムと同じヒガンバナ科。


a0212630_1855511.jpg

道端。なんだか雑然としていますが、ノゲイトウが咲いています。左の方に写っている黒い実はハネセンナ(Cassia alata)。種がたくさん入っていました。



a0212630_18573312.jpg

案内人さんが住む村。ラノーン南の長閑な農村です。彼はイスラム教徒なのですが、このあたりはイスラム教徒が多くて、モスクもあちこちにありました。



a0212630_191331.jpg

ジャックフルーツ。これはポピュラーな果樹のようで、熟れて落ちた実が放置されて腐っているほど。2012/02/11追記。これはArtocarpus integer コパラミツでしょうとのご指摘があったので訂正しておきます。



a0212630_1953688.jpg

川べりに生えていた木。たくさん実がなっています。

a0212630_197455.jpg

この実の中を見て、「これは枕の中に入れるんだ」と聞いた時点で「キワタ=木綿」と気付けなかったって・・・。花も葉も幹も見れなかったのですが、カポック(パンヤノキ)のようです。



a0212630_19101340.jpg

タシロイモ(Tacca)の一種。グロテスクで綺麗なお花だな~と思ったので、後でバンコクの市場で球根を買ってみました。



a0212630_19114820.jpg

これはグラマトフィルム・スペキオスム(Grammatophyllum speciosum)というランです。世界最大のラン、と言われるようですが、これの鉢植えがごく普通に民家の庭にありました。花が咲いているのを見れなかったのが残念。



a0212630_19143215.jpg

a0212630_1914449.jpg

こちらはデンドロビウム・セクンドゥム(Dendrobium secundum)。これもよく見ました。白花タイプ(Dendrobium secundum alba)は珍しいらしく、後日別の場所で、山採りしてきた株を見せてもらいました。



a0212630_1919185.jpg

a0212630_1919137.jpg

a0212630_19192584.jpg

アリノスダマ(Hydnophytum formicarum)と思しきモノ。今回のタイ南部行きでは残念ながら自生しているアリノスダマを見ることが叶わなかったのですが、この立派な株を見る限り、この辺りではそれほど珍しいモノでもないんでしょう。




この日の最初の目的は水生クリナム(Crinum)の自生地見学なんですが・・・正確な場所は・・・わかりません。多分、パンガー(Phang Nga)の北だと思うんですが。


a0212630_19294298.jpg

バンブーの生える藪を慎重に降りて川辺に。


a0212630_19312335.jpg

a0212630_19324199.jpg

綺麗な花が幾つも咲いていました。

a0212630_19352013.jpg

「採ってもいいよ」との事なのでとりあえず手近にあったのを採取。


ここは川が深くて花に近付けなかったので、別の場所へ。


a0212630_19371628.jpg

a0212630_19372882.jpg

とても綺麗です。一日花なんだそうですが、そう言われると儚い雰囲気も一層強く感じます。

by roka79 | 2012-02-09 19:50 | 自然観察
2012年 02月 02日

タイレポ フランコイシー園芸

タイレポその2です。

2012/01/15(滞在3日目ですが、最初の夜、ホテルに着いたのが01/14午前1時頃なので実質的に2日目)はバンコクの西の方のファームを案内してもらいました。チャオプラヤー川の洪水の被害が大きかった地域だそうです。


a0212630_22411395.jpg

ブロメリアがズラリ。



a0212630_22425056.jpg

サンセベリアもズラリ。



a0212630_22455447.jpg

斑入りのモナデニウムもズラリ。



a0212630_22463132.jpg

アップで。園芸品種なのかしら。



a0212630_22495084.jpg

これはMonadenium ritchei リチェイですよね。



a0212630_22512860.jpg

a0212630_22513942.jpg

これは東アフリカからアラビア半島にかけて分布するランで、Eulophia petersiiというものなんだそうです。自生地の姿もステキですし、お花もなかなか見事なので、ググッてみてください。




a0212630_2321981.jpg

驚くのはこの用土です。土と言うより木屑と言うか。黄色い粒は肥料です。



お隣さんも多肉ファームだという事で、お邪魔しました。


a0212630_235295.jpg

Welwitschia mirabilis 奇想天外の実生苗がたくさん。タイの気候には合っていそうです。




a0212630_237973.jpg

ここは、フランコイシーの育種に力を入れているファームでした。Euphorbia francoisii var. crassicaulisをベースにしているようなんですが、色んな花キリン類をマザープランツとして確保して、実生していました。とにかく葉っぱのバリエーションがすごいです。日本でもフランコイシーのバリエーションを愛好する向きはありますが、もしかしたら日本以上かも?



a0212630_23124530.jpg

こんなのとか。



a0212630_2313743.jpg

こんなのとか。




a0212630_23141168.jpg

こんなのとか。


a0212630_23133151.jpg

ズラズラ。案内者によると、タイ人は派手なのが好きだそうです。



a0212630_23144443.jpg

真ん中、Euphorbia guillauminianaだと思われますが、これはオーナーのコレクションなのかしら。





a0212630_23163591.jpg

実生しています。




a0212630_23171449.jpg

ここにもディッキアやヘクチアが結構ありました。需要があるんでしょう。プヤはあまり人気がないようです。



a0212630_23184356.jpg

画面中央、建物にクッキリ横線がついてますよね。洪水で、ここまで水に浸かっていたということです。損害は甚大だとか。手前にあった果樹?の林も枯れていましたし・・・。





ファームの画像ばかりでもなんなんで、01/14に案内してもらった、100年以上前から続く市場の様子など。
a0212630_23291357.jpg

運河沿いにたくさんの店が入っていて、活気があります。ここから入って奥まで歩きましたが、かなり長いです。途中で、美味しいと評判らしい、蟹肉をすり潰した揚げ物のようなモノをパクつきました。とても美味しかったです。画像なくてすいません。



a0212630_23302174.jpg

古風な感じのお店。古くからの床屋さんも撮影したのですがピントボケボケになってしまいました^^;



a0212630_23314597.jpg

真ん中の長いの、モリンガの実だそうです。こちらでは食べるんでそうです。



a0212630_23323164.jpg

真ん中のはタマリンドです。タマリンドの酸っぱい味が好きなんです。



a0212630_23333225.jpg

赤いフルーツは、ジャワフトモモの実でレンブというもの。クリスタルアップルと伺いましたが、色んな英名があるようです。タイではミズレンブやマレーフトモモとの交配種もひっくるめてジャンプーと呼ぶんだそうです。これが、食べてみると爽やかな味わいで、とても美味しいんです。水気がずっと多いんですが、グアバにも似ています。日本人受けしそうなフルーツだと思います。



次からいよいよ、タイ南部へ。

by roka79 | 2012-02-02 23:51 | 多肉植物その他