かくたすあんどさきゅれんつ

roka79.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

ブラックエンペラーが咲きました

a0212630_18393617.jpg
Aloe hyb. 'Black Emperor'
ウチに来て4年、初めて花が咲きました。

a0212630_18393936.jpg
こんな花色だったのはちょっと予想外。綺麗な花です。

a0212630_18451028.jpg
やって来た当時の姿(2009/12/12撮影)。


a0212630_18462857.jpg
ブローミー/獅子錦(Aloe broomii)
中心部の葉っぱが枯れて引っこ抜けてしまったので注意深く観察していたのですが、どうやら大丈夫そうな気が。

a0212630_18495323.jpg
バンバレニー(Aloe vanbalenii)
2012年蒔きの実生苗です。ここまで大きくなりました。もう一回り大きな鉢に植え替えないと。


a0212630_18514502.jpg
Bulbine latifolia
これはアロエじゃないんですけれど。蕾が上がって来ました。


こんなところ。



by roka79 | 2014-01-31 18:57 | アロエ
2014年 01月 31日

アメリカ旅行記 その3

アメリカ旅行記 その3です。

2014年1月18日に見たものについて書きます。この日の予定はデミング(Deming)を出発してラスクルーセス(Las Cruces)を抜け、まずはホワイト・サンズ・ナショナル・モニュメント(White Sands National Monument)に行く。そしてアラモゴード(Alamogordo)まで北上し、オリバー・リー・メモリアル州立公園(Oliver Lee Memorial State Park)で時間をかけてサボテン探索をして、エル・パソ(El Paso)に辿り着くというものです。


a0212630_08492549.jpg
早起きして夜明け前に出発。外気温は摂氏マイナス2.7度です。寒い。

a0212630_08493299.jpg
試しに最寄りのセブンイレブンを検索してみました。114km。アメリカの田舎にはコンビニエンスストアというものはありません。ただしガスステーションには大抵売店が併設されていて、飲料水、コーヒー、食べ物やタバコが買えるので問題ありません。それに…。

a0212630_08591483.jpg
ウォルマートがあります。24時間営業なんでしょうか。ガスステーションで「ロードマップが欲しい」と言ったら「ウォルマートに売ってるよ」と言われたので来たのですが、ついでに果物やワインを買いました。

a0212630_09022125.jpg
リンゴが並んでいます。リンゴは走りながらでも食べられるので重宝しました(キウイフルーツも)。

a0212630_09022533.jpg
挽肉。何というか…。

a0212630_09022997.jpg
牛乳。何というか、業務用洗剤のように見えて…。

a0212630_09060112.jpg
ロードマップ売り場。カーナビの性能がショボくて使えないので、ここでニューメキシコ州とテキサス州のロードマップを買いました。ツーソンに着いたらすぐにアリゾナ州のも買っておくべきでした。


a0212630_09090163.jpg
ホワイト・サンズ・ナショナル・モニュメントのビジターセンターに到着。ここには広大なミサイル・レンジがあるので、手前に検問所がありました。

a0212630_09090862.jpg
案内板。左半分は立ち入り制限区域になっています。

a0212630_09142630.jpg
エントランス・ステーション。ここで入園料を払います。

a0212630_09143176.jpg
しばらく道を走ると、真っ白な砂の砂丘(dune)に。

a0212630_09143480.jpg
a0212630_09143795.jpg
あまりの美しさに息を呑みました。

a0212630_09190735.jpg
a0212630_09191082.jpg
人の足跡が写り込んだら興醒めなので、結構道路から離れたところまで歩いて撮影。

a0212630_09211840.jpg
a0212630_09212134.jpg
Soaptree Yuccaと呼ばれるYucca elataが砂に埋れて生えています。Shabomaniac!氏曰く「ここに月の童子があるらしいけど見つけたことがないです」とのことでしたが、もちろん私も見つけられず。
でも、最高に美しいところだったので、行った価値がありました。


アラモゴードは史上初の原爆実験が行われた所で(実験場は町から160km離れている)、興味があったのですが、年に2回だけしか開放されないということでした。なので町のすぐ手前で東に折れ、オリバー・リー・メモリアル州立公園に向かいました。(なお、アラモゴードはアタリ社のクソゲー「E.T.」の埋葬地としても有名)


a0212630_09283709.jpg
到着。入園料は5ドルです。

a0212630_09392302.jpg
いきなりエキノケレウスの大群生が。種が判別出来ず…。

a0212630_09412502.jpg
トレイルを歩いて、いざ山へ。

a0212630_09412988.jpg
a0212630_09413327.jpg
蝦サボ。下のは動物に食われたんでしょうか。Echinocereus triglochidiatusのように見えますけど自信はありません。

a0212630_10025293.jpg
a0212630_10025474.jpg
これは、荒武者(Echinocereus stramineus)ではないかと思いますがどうでしょう。

a0212630_10090083.jpg
斜面を見上げてみる。そんなに傾斜がキツくなさそうに見えますが、とんでもない。

a0212630_10091942.jpg
こんな急斜面。転落したら死ぬので…。下りが怖かったです。

a0212630_10133480.jpg
こういう所にはエキノケレウスがたくさん生えています。

a0212630_10150281.jpg
松毬丸(Escobaria tuberculosa)だと思います。

a0212630_10204785.jpg
a0212630_10204990.jpg
うーん……これも? Escobariaの別種かな?

a0212630_10223288.jpg
a0212630_10223448.jpg
これも。

a0212630_10232007.jpg
ここまで登って、もうこれ以上はヤバいと思ったので下りました。

a0212630_10252034.jpg
刺の長いオプンチア。種は判別出来ず。

a0212630_10262344.jpg
御旗(Echinocereus dasyacanthus)を見つけました。しかし右のは枯れて中が空っぽ。

a0212630_10282667.jpg
反対側の斜面にも登ってみました。

a0212630_10292282.jpg
御旗の幼い個体と思われるもの。

a0212630_10293078.jpg
a0212630_10292886.jpg
ついに太平丸(Echinocactus horizonthalonius)を発見。

a0212630_10335858.jpg
a0212630_10340239.jpg
御旗(Echinocereus dasyacanthus)もそこかしこに生えていました。

a0212630_10362853.jpg
双頭の太平丸。

a0212630_10363045.jpg
立派な太平丸。栽培品とは風格が違う美しさだと思いました。

a0212630_10363527.jpg
蝦サボ。これも荒武者なのでしょうか。これはこの後イヤというほどたくさん見ることになったのですが。

a0212630_10405553.jpg
探した場所はトレイルのもっと奥ですが、ビジターセンターからはそんなに遠く離れていません。色々なサボテンに出会えて大満足。ここに来てよかったです。

a0212630_10410057.jpg
ところで、ビジターセンターまで戻ってきたらこんな看板が。ダイヤガラガラヘビに対する注意です。攻撃的ではないし遭遇したらゆっくり後退して立ち去れば噛まれないというようなことが書いてありますが、なんせ猛毒持ってるんで…。しっかりしたブーツを履くべきと書かれています。ひょえー。


a0212630_10512148.jpg
で、無事にエル・パソ(El Paso)に到着。メキシコ国境に接している町の割には、雰囲気がそれほどメキシカンじゃないというか(場所による?)。まだ陽が沈んでいないので、サボテン探索にもっと時間をかければよかったかな…。ところで今回の旅行では、なんとかしてメキシコに越境したかったのですが、レンタカー会社との契約で、特別な許可がない限り越境出来ないこと、そして、メキシコがとても危険なことから諦めました(このエル・パソに隣接したメキシコ側の町、シウダー・フアレスは怖ろしい犯罪都市です)。

続く。



by roka79 | 2014-01-31 11:21 | 自然観察
2014年 01月 30日

アメリカ旅行記 その2

アメリカ旅行記 その2です。
2014年1月17日に見たものについて書きます。この日の予定はアリゾナ州のウィルコックス(Willcox)を出発してチリカウワ国立公園(Chiricahua National Monument)に行き、Interstate 10を東進してニューメキシコ州に入り、ロック・ハウンド州立公園(Rock Hound State Park)に立ち寄ってから、デミング(Deming)のモーテルに辿り着くというもの。

a0212630_11430271.jpg
これが新しい車のシボレー・インパラ。9代目のモデルで直列4気筒2500cc。燃費は悪いですが、私は日産マキシマよりもずっと運転しやすい車だと思いました。

a0212630_11430748.jpg
ウィルコックスの夜の街並み。田舎町です。

a0212630_11482204.jpg
モーテルのすぐ隣にマクドナルドがあったので、朝マックしたくなり。マックグリドル(ソーセージ&チーズ)、コーヒーはスモールを注文しましたが、5.44ドルしました。日本より値段が高い。


a0212630_11515203.jpg
チリカウワ国立公園に向かう田舎道。アメリカのこういう田舎道を走るのは楽しいです。

a0212630_11515750.jpg
公園の入口に到着。

a0212630_11520156.jpg
山道を登ってビジターセンターに着きました。ここで入園料を払います(5ドルだったかな?)。公園の職員に「サボテンの写真を撮りたいのですが、ここにサボテンはありますか?」と訊いたら「団扇サボテンならあるけれど、あなたの探しているようなサボテンはない」と言われました。むむう・・・。

a0212630_11520560.jpg
案内板。2011年5月に発生した人為的な原因による山火事で甚大な被害を被ったと書かれています。

a0212630_12045626.jpg
山道を登って行きました。

a0212630_12050285.jpg
道路脇の日陰には雪が残っています。日差しがあるので寒くはないんですけど。

a0212630_12050514.jpg
迫力のある岩壁。空の濃い青とのコントラストも美しい。

a0212630_12090684.jpg
a0212630_12091168.jpg
山の頂上にあるマッサイ・ポイント(Massai Point)に到着。ここは標高2094mあるそうです。

a0212630_12125172.jpg
a0212630_12125571.jpg
とても美しい風景に感動しました。ここは2700万年前に起こった火山の噴火とその後の浸食作用によって出来た奇岩地帯で、しばし時を忘れて風景を眺めていました。

a0212630_12203058.jpg
トレイルを歩いてみました。山火事の爪痕がはっきり残っています。

a0212630_18150675.jpg
アガベが生えています。パリー(Agave parryi)だと思います。これは結構たくさん生えていました。

a0212630_12203404.jpg
団扇サボテンをようやく発見。しかし数は多くありません。もっと奥まで行ったらたくさんあったのかもしれませんが。

a0212630_12203836.jpg
このフィラメントのある葉の植物はユッカだと思いますが、種は判別出来ません。パンフレットには、ここにはYucca schottiiが生えていると書かれていましたが、それらしいユッカを見つけることは出来ず。

a0212630_12204171.jpg
もっとトレイルを奥まで進みたかったのですが、時間の関係で引き返しました。「ここには太陽(Echinocereus rigidissimus)がありそうです」とShabomaniac!氏から言われましたが、見つけられず。でも、とても美しい場所だったので、行ってよかったです。


a0212630_12331666.jpg
ハイウェイに戻る途中で給油に立ち寄ったガス・ステーションにて。アリゾナ州の長閑な田舎町です。

a0212630_12332046.jpg
Interstate 10を走行中に撮影(危険行為)。走っているのは大型トラックばかりで、乗用車は少ないです。町と町の間には何もないに等しく、単調なので走っていると集中力がなくなってきて危ない。私はガムを噛んだり日本から持っていったCDをすごい大音量でかけたりしていました。ここは、もうニューメキシコ州との境に近いところです。


a0212630_12420723.jpg
ようやくロック・ハウンド州立公園に到着。午後3時くらいだったと思います。

a0212630_12421594.jpg
公園のビジターセンターで見たポスター。ちなみに左上から、姫玉(Mammillaria lasiacantha)、赤花蝦(Echinocereus coccineus)、大分丸(Coryphantha macromeris)、麗光丸(Echinocereus reichenbachii)、金赤竜(Ferocactus wislizeni)、桜丸(Echinomastus intertextus)、オプンチアの…読めない…、マミラリア・グラハミー(Mammillaria grahamii)、御旗(Echinocereus dasyacanthus)です。

a0212630_13025663.jpg
トレイルに登るルートを教えてもらって、登って行くと、小さな植物園がありました。
手前のはBrown-spined Pricklypearと札にあるので、(札が間違っていなければ)Opuntia phaeacanthaです。

a0212630_13030016.jpg
アガベも結構生えています。種は判別出来ません。

a0212630_13030399.jpg
斜面から下を見下ろすとこんな感じ。西日を浴びた団扇サボテンが綺麗。

a0212630_13030714.jpg
この州立公園にはキャンピングカーが滞在出来るエリアがあって、たくさんの車が停まっていました。こういう所でのんびり滞在するのはいいでしょうね。

a0212630_13112105.jpg
ここは、とにかく団扇サボテンだらけ。山の斜面が団扇サボテンに覆い尽くされています。トレイルを登るのも怖いほど。
a0212630_13113009.jpg
団扇サボテンが枯死しています。

a0212630_13112611.jpg
金赤竜(Ferocactus wislizeni)が、団扇サボテンの根元に生えていました。私の影が写り込んでしまっていますが…。

a0212630_13113556.jpg
結構登って、疲れたしここで引き返しました。これはダシリリオン。Dasylirion wheeleriだと思いますが…。
a0212630_13113903.jpg
日没も迫ってきたので、公園を後にして宿泊地に向かったのでした。

なお、この公園はFlorida Mountainsの北端にあるのですが、この一帯の山の上の方にはエスコバリアが生えているそうです。見れなかった…。

a0212630_13205966.jpg
デミング(Deming)のMotel 6に到着。お金を節約するため、旅の前半は宿泊料が安いこのモーテルに泊まっていました。しかし、ここでは一泊57ドル。「高いです」と言ったら「周りのモーテルは70、80ドルするよ。ウチが一番安い」と言われました。むむう…。

続く。



by roka79 | 2014-01-30 13:59 | 自然観察
2014年 01月 27日

アメリカ旅行記 その1

サンアントニオ発ヒューストン行きの飛行機が寒波による凍結の影響で欠航になり、一日遅れてしまいましたが、昨夜無事にアメリカから帰国しました。と言う訳でアメリカ旅行記を書いていこうと思います。まあ、その他に一つトラブルがあったのですが、それは後述します。

まず、今回のアメリカ旅行にあたってサボテンの自生地情報を提供してくださったShabomaniac!氏に感謝の言葉を述べたいと思います。氏のアドバイスがなかったら、私はロクに何も見つけることが出来なかったと思います。本当にありがとうございました。
a0212630_17521404.jpg
アリゾナ州のツーソン(Tucson)に到着したのは現地時間1/15の22時くらいでした。上の画像はツーソン国際空港です。こぢんまりとした空港。そして、レンタカーを借りに行きました(手配は日本の旅行代理店で済ませていました)。

a0212630_17552213.jpg
こんなすごい車に乗ることにw マキシマという北米日産のフラッグシップ車で、V6 3500ccのエンジンを積んだ高級スポーツセダンです。カローラクラスを頼んでいたのですが、レンタカー会社は当たり前のように「クラスをグレードアップしないか?」と言ってくるので、「ノーサンキュー」と言うべきです。まさかこんな車になるとは・・・。



a0212630_18012808.jpg
翌1/16の朝。外気温は華氏41度。摂氏に換算すると5度です。しかし朝晩は寒いのですが、晴れるとグングン気温が上昇して摂氏20度くらいまでになるので、ロンTにパーカーでちょうどいいくらいでした。


ツーソンの北西のSilverbell MountainsにはEchinocereus nicholiiが、その南のWaterman MountainsにはEchinocactus horizonthalonius var. nicholiiが生えているということなので、まずそこを目指しましたが道に迷ってしまいました。


a0212630_18134918.jpg
近づこうとするも、ご覧のように増水してて道路が通行不能だったり・・・。


a0212630_18152176.jpg
仕方ないのでIronwood Forest National Monumentという所に行きました。

a0212630_18175264.jpg
キリンドロオプンチア。手持ちのCactus of ARIZONAという本で調べる限り、見た目と分布域からしてCylindropuntia bigeloviiではないかと思います(自信はありません)。
訂正:いやいや、これはやっぱりJumping chollaこと、Cylindropuntia fulgidaでしょうね。

a0212630_18200096.jpg
a0212630_18200232.jpg
Ferocactus wislizeni 金赤竜。この辺りでは比較的よく見るフェロカクタスで植栽にも使われていますが、これはフェロカクタスで最大級の大きさになるサボテンで、南を向いて傾く性質があるそうです。


a0212630_18243792.jpg
Carnegiea gigantea 弁慶柱がたくさん生えています。道はダートで、ここはまだマシな方。所々かなり荒れているので慎重に走らないと危ないし、車にダメージを与えてしまいます。私はダメージを与えてしまいました・・・。

はっきり言ってさほど面白いモノがあるわけではないし、道も悪いので、ここはお勧めしません。私は早々に切り上げて次の目的地に向かいました。Echinocereus nicholiiが見れなかったのがとても残念。


a0212630_18321343.jpg
給油するために立ち寄ったガス・ステーションで見たハーレー。おばさんが乗っていました。かっこいい。

a0212630_18333939.jpg
Saguaro National Park East。この国立公園はツーソンの東西に別れて2箇所あって、前回のアメリカ旅行で西側に行ったので、今回は東側に行きました。

a0212630_18364956.jpg
ビジターセンター。ここでパンフレットがもらえますし、良いサボテン本も手に入るので立ち寄るべきだと思います(ビジターセンターで入園料を払わなければならない公園も多いのですが)。ちなみに私はここでTシャツも買ってしまいました。

a0212630_18401625.jpg
Fouquieria splendens。赤い花が咲いている時に見たらすごく美しいのですが。

a0212630_18401917.jpg
弁慶柱がたくさん生えていて美しい風景。しかしパンフレットによると、この数十年でかなり数が減少してしまったそうです。

a0212630_18440774.jpg
a0212630_18441093.jpg
ここにもFerocactus wislizeni 金赤竜がたくさん生えています。

a0212630_18453347.jpg
a0212630_18453407.jpg
キリンドロオプンチア。Cylindropuntia acanthocarpaだと思いますが自信がありません。

a0212630_18465086.jpg
キリンドロオプンチアのスケルトン。

a0212630_18474189.jpg
蝦サボ。Echinocereus fasciculatusではないかと思いますが…。花が咲いていればわかるんですけれど。

a0212630_18494098.jpg
Ferocactus wislizeni 金赤竜の若い個体。ずいぶん雰囲気が違って見えます。樽状になるのにどれくらいの年月を要するのでしょう。

a0212630_18510706.jpg
a0212630_18511054.jpg
団扇サボ。うーん・・・Opuntia engelmanniiでしょう、多分。

a0212630_18523526.jpg
弁慶柱はやっぱり風格があります。

a0212630_18532742.jpg
ここはしっかり整備されているので道も舗装されています。

a0212630_18540841.jpg
枯死した弁慶柱。色々な原因で枯れるそうですが、これは寿命が尽きて枯れたのかな?前回の旅行では山火事で下の方が真っ黒になった弁慶柱を結構見ました。


この公園を後にしてInterstate 10というハイウェイを東に向かったのですが、EXIT281のハイウェイ沿いの北側の丘に色々生えているということなので、降りて探しました。

a0212630_19002612.jpg
探した場所。しかし、なかなか見つからない。

a0212630_19020222.jpg
別角度から。

a0212630_19020036.jpg
これは、Echinomastus erectocentrus 紅簾玉だろう・・・と思っていたのですが、よく調べたらCoryphantha viviparaのようです。Coryphantha robustispina ssp. scheeriも見つからず・・・。探す場所の選び方が不味かったのでしょうか。やはり、知識と経験がないとそう簡単には見つけられないものです。


しかもです。Bensonという町でInterstate 10に戻ろうとして、交差点で左折しようとしたら直進してきた車にぶつけてしまいました!二日目にして交通事故を起こしてしまいました…。アメリカは右側通行ですので、日本で言えば右折時の事故のパターン。完全にこちらに過失のある事故で、相手は若い女性でしたが、すぐに警察を呼んでもらって謝罪しました。アメリカでは先に「アイム・ソーリー」と言った方が負け、なんて言われますが、どう見ても私の不注意なので謝るしかありません。幸いなことに相手に怪我はなく(私にも)、車のダメージもそれほどではなかったし、相手も私が謝ると「そんなに気にしないで」って言ってくれて、すぐにやって来た警官も私が英語に不自由がある日本人旅行者とわかると親切な対応をしてくれました。レンタカー会社のエマージェンシーコールに電話したら「走行可能ならツーソン空港まで戻って欲しい」と言うので、もうサボテン探索どころではなくなり、スゴスゴとツーソンまで戻ったのでした。

戻って事情を説明したら「ノープロブレム!」ってな感じですぐに新しい車を用意してくれたのですが、「もっとコンパクトな車がいいです。マキシマは私には大きすぎたしパワフル過ぎました」と言っても、クラスの変更は出来ないようで、シボレー・インパラになりました。結局そのシボレー・インパラで最後まで走ることになったのですが。

後日談になりますが、返却時に書いて提出してくれと言われたインシデント・レポートの裏面に書かれている内容がシビアで恐ろしく、「あなたはあらゆる損害に責任を負っている」「我々からの連絡を待つのではなく、速やかにあなたの加入している保険会社或いはクレジットカード会社に連絡することを強く勧める」「補償はあなたの加入している保険会社から行われるのであって、我々の保険はいわば保険の保険のようなものである」などと、「こちらには金を出すつもりはありません」というニュアンスが伝わって来て、アメリカの保険会社がいざという段になると金払いを渋るという話も知っていたので、ドカンと損害賠償請求されるのではないかと焦りました。さっき日本の事業所に電話したら「フルカバーの保険に入っているし、違法行為などの過失があったという報告も来ていないので保険が効くはず」と言われてほっとしたところです。

反省。クレカの付帯保険で適用されるかどうか行く前にちゃんと確認して、適用されない場合は海外旅行保険に入っておくべきでした。そして、安全運転を心がけるべきでした!

このトラブルのせいでかなり時間を取られ、この日はもうウィルコックス(Willcox)という町のモーテルに辿り着くだけで精一杯。サボテン探索をもっとしたかったです。

続く。


by roka79 | 2014-01-27 19:58 | 自然観察
2014年 01月 12日

ISIJの新年大会に行って来ました

ISIJの新年大会に行って来ました。
今日は初めて車で行きました。会場に到着したのは午前10時ちょい前です。すでに会場内は熱気ムンムン。私も、探し回ったら欲しかったものがいくつか見つかったので買いました。参加賞の賞品目当てで品評会に出したのですが、屋上で煙草吸いながら知人とくっちゃべっていたら、もう終わっていて賞品貰いそこねてしまいました・・・。午後の競り会はどうせ傍観することしか出来ないだろうし、駐車料がバカにならないので13時前には帰りました。

以下、会場内をうろついて気になったもの。

a0212630_19102772.jpg
黒ジュクンダと札に書かれていましたが、Aloe madecassaではないかと。
ステキな色合いです。

a0212630_19122296.jpg
Ceraria pygmaea、大人気のようです。あちこちで見ましたし、大事そうに鉢を持って歩いている若い女性を見かけました。この株が一番立派だったような。

a0212630_19144934.jpg
Cheiridopsis imitans SB780。あーこれも買えばよかったです。

a0212630_19163738.jpg
Eriospermum folioliferum。値札見てビビリました。

a0212630_19181419.jpg
Euphorbia clavarioides。予算の関係で・・・。

a0212630_19192891.jpg
Euphorbia imerina。これは初めて見ました。マダガスカル原産の緑枝類でした。うーん、買えばよかった・・・。

a0212630_19214477.jpg
Glottiphyllum oligocarpum。この白さ!最高です。買ったら負けだと思いましたw

a0212630_19230765.jpg
Mestoklema arboriforme(たぶん)。メタボでステキ。

a0212630_19242215.jpg
Othonna euphorbioides。ゔあああああああああああああぁぁぁぁぁ!今日、一番痺れたのはこれでした・・・。

a0212630_19284557.jpg
Pelargonium cotyledonis。実に立派で風格のある株でした。

こんなところです。




by roka79 | 2014-01-12 19:31 | 多肉植物その他
2014年 01月 11日

新しいデジカメで撮影してみました

ちょうどいい機会なので、デジカメを買いました。
デジタル一眼レフにするかミラーレスにするかコンデジでいいか、かなり悩みましたが結局「高級コンデジ」と言われるRICOHのGRにしました。長くCX5を使っていたので扱いやすいでしょうし、デジイチのように重くないので軽快に撮影出来るかな、と思いまして(もちろん、予算の都合もありますが)。
今日はGRで撮影した画像を載せてみます。

a0212630_15273181.jpg
Aloe armatissima
Tropicos
サウジアラビア原産のアロエです。入手した時よりずいぶん立派になりました。

a0212630_15352891.jpg
Brachystelma pulchellum
Tropicos
冬になっても葉が枯れません。このまま無事に越冬出来るといいのですが。

a0212630_15461812.jpg
Drosanthemum floribundum
Tropicos
それなりに大きくなりましたが、以前ものすごい大株を見て驚いたので、まだまだです。

a0212630_15513008.jpg
Ferocactus emoryi  江守
Tropicos
5年近く育てていますが、それほど大きくなっていません。

a0212630_15555900.jpg
Haworthia 'Subaru' スバル
かわいいです。

旅行プラン、だいたい出来ました。
Big Bend National Parkは3日かけて探索してみようかと思います。


by roka79 | 2014-01-11 16:13 | 多肉植物その他
2014年 01月 06日

なんとなくアロエ

今日はアロエの世話をしたので、アロエ記事です。
アロエは暖房機から一番遠い、ハウスの入り口あたりにまとめて置いてあるのですが、それもあって冬はアロエの世話ばかりしてしまう…。

a0212630_16520918.jpg
a0212630_16521202.jpg
Aloe aristata f. variegata
Tropicos
綾錦の斑入りです。綾錦の光という和名が付いています。2009年の冬に入手した株ですが、結構美しい姿になってきたと思います。


a0212630_17024113.jpg
Aloe distans
Tropicos
還城楽という和名が付いています。2012年にいただいた物ですが、横に這いずっていてアレニコラみたいです。


a0212630_17055246.jpg
Aloe erinacea
Tropicos
ウチのエリナケアです。ナミビア原産の美しいアロエです。2009年の春に入手した株ですが、成長は遅いです。下葉が枯れてしまって…。


a0212630_17120544.jpg
Aloe rugosquamosa
Tropicos
ルーゴスクアモーサ。マダガスカル産のコンプレッサ系互生アロエです。2011年にいただいた物です。葉姿といい葉色といい刺色といい、ステキだと思います。


今日はクレジットカードの手続きやら国際運転免許証の取得やらしました。15日のアメリカ行きに向けて、サボテンのコロニーの情報を調べないと…。



by roka79 | 2014-01-06 17:22 | アロエ