かくたすあんどさきゅれんつ

roka79.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 26日

サボテンの植え替えあと少しで終わり

サボテンの植え替えはもう目処が付いて、あと少しで終わりです。去年はかなりサボりましたが、今年は手持ちの全てのサボテン植え替えます。
ずーっとサボテンばかり植え替えていると飽きてくるので気分転換にアロエとかも植え替えたり・・・。

a0212630_20580436.jpg
松露玉(Blossfeldia liliputana)
もう蕾が上がってきてますね。去年より開花が早いかな?

a0212630_21260907.jpg
竜舌玉として7年前に入手したもの。とりあえずStenocactus(Echinofossulocactus)の何か、としておきます。これがこんなに腰高になっちゃって。もう幾つかカキ仔していますが、全部外しちゃおうかな。

a0212630_21415441.jpg
姫春星(Mammillaria humboldtii)
v. caespitosaというのはかなり怪しいのですが、春星の小型タイプってことでいいのでしょうか。それはともかく、これ3年近く前に入手して、お花がたくさん咲いて綺麗だなーって思っていたのに、何故か撮影画像がぜんぜんなかったと言う・・・。

a0212630_21530795.jpg
バシラリス(Opuntia basilaris)
シャトル鉢に植えていたのを植え替えました。もちろんゴム軍手して。肥料も多めに入れたので、早く大きくなって花を咲かせてー。

a0212630_21593252.jpg
ゲオメトリクス(Tephrocactus geometricus)
接木ですしまだ球一つだけですし刺もイマイチな株ですが、初めてのゲオメトリクスということで大事に育てていきたいな、と。個人的にはゲオメトリクスは黒刺が厳ついタイプが好みです。

こんなところで。



by roka79 | 2014-02-26 22:11 | サボテン
2014年 02月 24日

サボテンの植え替えに追われているのですが

サボテンの植え替えに追われているのですが、まだ終わりません。
この時期ってネタがないんですよね…と言うことでとりあえずユーフォ。

a0212630_19371444.jpg
a0212630_19371898.jpg
Euphorbia sakarahaensis
将来的にかっこいい枝ぶりになってくれそうな予感がしますが、花はまあその…。


a0212630_19405474.jpg
Euphorbia mosaica
これは接木なんですが、これの種を買いまして(15粒ですが)、暖かくなったら蒔いてみます。でもソマリア物だし、発芽後の管理が難しいんだろうなあ…。


by roka79 | 2014-02-24 19:47 | ユーフォルビア
2014年 02月 16日

アメリカ旅行記 その7

アメリカ旅行記 その7です。
2014年1月22日の記録および余談です。これで旅行記は最後になります。
この日はStudy Butteから西に30kmほどにあるLajitasという町の方へ行って探索してから、ビッグベンドに戻ることにしました。

a0212630_20000289.jpg
朝は曇っていました。今回のアメリカ旅行で初めての曇り。時々車を停めては丘に登りました。

a0212630_20024517.jpg
このエキノケレウス、刺が長いだけでなくカールしていて素敵なのですが、調べてみてもよくわからず。荒武者?

a0212630_20080740.jpg
大碇(F. hamatacanthus)だと思います。

a0212630_20103327.jpg
Lajitasの辺り。この辺りの石灰岩の丘にも亀甲牡丹がたくさん生えているとの情報でしたが、見つからず。

a0212630_20140596.jpg
Lajitasの西に行くと、すぐにビッグ・ベンド・ランチ州立公園(Big Bend Ranch State Park)に入ります。

a0212630_20174432.jpg
この辺りで探索。幸いなことに晴れてきてくれました。

a0212630_20185250.jpg
Cylindropuntia leptocaulis

a0212630_20194700.jpg
種はわかりませんが、ルピナス(Lupinus)がたくさん咲いていました。

a0212630_20210552.jpg
これも、調べてもよくわからないのです。エスコバリアかな、と思いましたが、もしかしたらマミラリア・ポットシー(Mammillaria pottsii?)?

a0212630_20360780.jpg
a0212630_20360944.jpg
この青白くて、長い黒刺の先が白い団扇サボテンは…Opuntia azurea var. parva?

a0212630_20382497.jpg
Lajitasの西には赤白の刺の綺麗なタイプの大統領が生えていると教わりましたが、これも発見出来ませんでした。ううう。


a0212630_20403947.jpg
ビッグベンドに戻り、公園の西側に行ってみました。

a0212630_20404318.jpg
サンタ・エレナ・キャニオン(Santa Elena Canyon)

a0212630_20431625.jpg
トレイルを散策。素晴らしい景色でした。結構怖いのですが…。

a0212630_20443000.jpg
ルフィダ(Opuntia rufida)
私が見た限り、この峡谷に生えている団扇サボテンはこのルフィダばかりでした。地味そうに見えて、うっかり触るとチクチクチクチクする厄介なヤツ。

a0212630_20471236.jpg
ヘクチア(Hechtia)
これも生えていましたが、数は多くなかったように思います。

a0212630_20483011.jpg
サボテン探索を忘れてトレイルを終点まで歩きました。夕暮れ時にここに来たらさぞや美しいのでしょうね。


a0212630_20495710.jpg
Castolonのビジターセンターを出てすぐの所でこれを発見して慌てて車を停め、斜面を登ってみると、大分丸(Coryphantha macromeris)がたくさん生えていました。

a0212630_20524572.jpg
a0212630_20524987.jpg
a0212630_20525253.jpg
掘ってみたら地中には塊根があるのでしょうね。


a0212630_20555803.jpg
さて、結局またHot Springs Rd.の石灰岩の丘まで来てしまいました。エピテランサの小人の帽子と亀甲牡丹をどうしても発見したかったからです。

a0212630_20590030.jpg
烈刺丸?

a0212630_20595048.jpg
探し回っていたら、やっと亀甲牡丹(Ariocarpus fissuratus)を発見。

a0212630_21013378.jpg
a0212630_21013779.jpg
数は、前日に見つけた場所ほど多くはありませんでした。

a0212630_21031330.jpg
この辺りです。私は北側の斜面を冷や汗かきながら必死で登ったのですが、降りようとしていたら、道筋が付いている!ということは、ここにはサボテン探索者たちが登って来ているということで、場所は間違っていない。なので、小人の帽子を血眼になって探したのですが…結局見つかりませんでした。

a0212630_21085184.jpg
さらばビッグベンド。出会えなかったサボテンも多かったですが、本当にここは素晴らしい場所で、来た甲斐がありました。そう簡単に来れる場所ではありませんが、いつかまた訪れてみたいものです。


以下、余談になります。

a0212630_21122584.jpg
どうもフォートストックトンの雰囲気がイヤで、この晩はアルパイン(Alpine)のモーテルに宿泊しました。70ドル弱しましたが、朝食付きですし、良いモーテルでした。

a0212630_21122934.jpg
メキシカンレストランに行って食べたメキシカンステーキ(ハラペーニョソース)。辛かったですが、とても美味しかったです。店員のヒスパニックの娘さんがとてもチャーミングで、May I take a picture of you? って言えばよかった…。


翌日は、走っていて楽しくないのでInterstate 10は使わず、デル・リオ(Del Rio)経由でUS-90を走り、サン・アントニオを目指しました。ところがこの日は曇天模様ですごく寒く、小雨まで降り出して観光する気にはなりませんでした。

a0212630_21214984.jpg
ようやくサン・アントニオに到着。この時気温はもう摂氏0.5度まで下がっており…。

早朝のヒューストン便だったのでレンタカーを返却して空港で夜明かしをしたのですが、欠航。最後になって寒波に巻き込まれることになりました。代わりのLA便が翌日早朝だったので、仕方なく日本の旅行代理店を通じて空港近くのホテルに泊まりましたが、税込み6,300円しないとは信じられないほどの良いホテルでした。

ちなみにスマートフォンですが、エル・パソを出たあたりからソフトバンクの「海外パケットし放題」の対象通信業者に繋がらなくなり、国内電話すら出来ない状況になりました。サン・アントニオの近くまで来たら繋がるようになりましたが。困った話です。


今回のアメリカ旅行は突然思い立って行ったのですが、しょっぱなにアリゾナ州で交通事故を起こしてしまったことを除けば大きなトラブルもなく、好天にも恵まれ、サボテン探索も満喫出来ましたし、とても楽しい旅行でした。アメリカはこれでカリフォルニア、アリゾナ、ユタ、ネバダ、ニューメキシコ、テキサスに来たことになりますが、いつかまた来てみたいです(出来ればメキシコにも行ってみたいです)。最後に、プランを伝えたら快く自生地の情報を提供してくださったShabomaniac!氏に重ねて感謝したいと思います。ありがとうございました。

おわり。



by roka79 | 2014-02-16 21:59
2014年 02月 13日

Euphorbia phillipsioidesが咲いています

a0212630_17045248.jpg
ユーフォルビア・フィリプシオイデス(Euphorbia phillipsioides)が咲いています。
ソマリア原産のユーフォで、5年以上育てていますが、いまだに単頭のまま。枝分かれして群生して欲しいのですが、まあこれはこれで可愛いかも。


a0212630_17100074.jpg
ユーフォルビア・ブレビラマ(Euphorbia brevirama)
私どうも、タコ物っぽいタコ物は好みではないのですが、ずんぐりむっくりしてタコ足が短いものならいいです。E.spressaも可愛いと思いました。なるべくタコ足が伸びないようにしたいです。


a0212630_17100705.jpg
去年蒔きの珊瑚油桐(Jatropha podagrica)の実生苗。可愛い。幹のてっぺんが潰れた苗も一部ありますが、思ったよりは。


by roka79 | 2014-02-13 17:30 | ユーフォルビア
2014年 02月 11日

アメリカ旅行記 その6

アメリカ旅行記 その6です。
2014年1月21日の記録です。この日もビッグベンドでの活動です。移動時間がもったいないので夜明け前に起きて(摂氏-2度でした)、フォート ストックトンから時には80mile/h(128.7 km/h)以上でかっ飛ばして、昨日探したMarathonの南の丘を再び探索。
a0212630_12100779.jpg
a0212630_12101282.jpg
しかし、この日もお目当てのサボテンは見つからず。

a0212630_12120272.jpg
エスコバリア。

a0212630_12124818.jpg
フェロカクタス?。
追記:これは黄刺大統領だというご指摘です。

a0212630_12141437.jpg
諦めて次のポイントに移動。Shabomaniac!氏からの情報で、Marathonの南10マイルほどの所にあるパーキングエリアの鉄柵をくぐると色々なサボテンがあるということで、探索しました。

a0212630_12180436.jpg
大分丸(Coryphantha macromeris)の小さな個体を発見。

a0212630_12203365.jpg
このエキノケレウスはたくさん生えていましたが、なんだかわかりません。Echinocereus triglochidiatus?

a0212630_12221088.jpg
太平丸(Echinocactus horizonthalonius)

a0212630_12232679.jpg
草むらに太平丸が生えています(左右に2つ写っています)。桜丸や大統領、ネオカピルス(E. neocapillus)も生えているとのことでしたが、探し回っても見つかりませんでした。

余談。
悔しかったので帰国後にネオカピルス入手してしまいました。
a0212630_12310269.jpg
a0212630_12331925.jpg
ところでこれは何でしょう?たくさん生えていて、以前Shabomaniac!氏のブログでEuphorbia antisyphiliticaだと仰っていたので多分同じものだと思うのですが。ユーフォにしては花が綺麗で、某趣味家さんのお宅で見たことがあります。これ、栽培してみたくなりました。


a0212630_12453611.jpg
公園内、Panther Junctionのビジターセンターです。右に写っている方が「君の写真を撮ってあげようか?」と言ってくれて、お礼を言って記念に撮ってもらいました。このビジターセンターの近くにガスステーション兼売店があるので便利です。


a0212630_12490994.jpg
さて、この日の探索ポイントはここです。公園の南東、右側に写っているダートのRiver Rd.

a0212630_12505933.jpg
a0212630_12505589.jpg
大分丸(Coryphantha macromeris)を発見。

a0212630_12525629.jpg
烈刺丸(Coryphantha echinus)も発見。

a0212630_12545667.jpg
a0212630_12545397.jpg
これが調べてもよくわからないのですが、これもC.echinus? 或いはコリファンタかエスコバリアの別種でしょうか?


a0212630_12592929.jpg
River Rd.をMariscal Mountainに向かって走って行くと、石灰岩の白い丘があります。奴らが生えているとしたらここだろうと思い、車を停めて丘に登りました。

a0212630_13033004.jpg
斜面にはエキノケレウスとエスコバリアが仲良く生えています。
で、丘の上を探し回っていると…。

a0212630_13050773.jpg
これです。お目当ての亀甲牡丹(Ariocarpus fissuratus)の枯れた個体を発見。この周りを探し回ったら、見つかる見つかる。

a0212630_13074044.jpg
a0212630_13074495.jpg
a0212630_13074727.jpg
a0212630_13084627.jpg
ほとんど土に潜っていて、まるで岩のようで見つけにくいです(枯れ込んだ外側の黄色が目立つのですが)。まさにLiving Rock Cactus。メセンのリトープスなんかも南アの自生地に行ったらこんな感じで石に紛れているんでしょうね。

a0212630_13154786.jpg
a0212630_13155036.jpg
どれも小さくて、サイズは10cmに満たない。

a0212630_13155468.jpg
太平丸と寄り添って生えている亀甲牡丹。

この日の本命がこの亀甲牡丹だったので、出会えて感動してしまいました。厳しい環境で生きている野生の亀甲牡丹がこんなに美しいものだとは…。

a0212630_13215699.jpg
亀甲牡丹をジックリ鑑賞して、撫で撫でしちゃったりして、この場を後にしたのでした。お花が咲いている時に来たら、もっと感動するのでしょうね。


a0212630_13235225.jpg
で、Chisos Basinに移動。

a0212630_13244387.jpg
Chisos Basinのビジターセンターで遅い昼食。レストランがありましたが高そうなので、売店で買ったツナサンドと野菜ジュースで済ませました。ハーレー乗りがノーヘルで走っていきます。


a0212630_13284767.jpg
もうフォート ストックトンまで戻るのが嫌になり、公園のすぐ西にあるStudy Butteという小さな町のモーテルに宿泊することにしました。一泊108ドルだと言うので迷っていると、「通りの反対側にもっと安いモーテルがある。ただしWiFiが使えない」と言われて、ネットがしたかったのでここに泊まりました。何日かかけてビッグベンドを満喫したいなら、この町のモーテルに泊まる方がいいかもしれません。

a0212630_13344401.jpg
チェックインしてから、周辺を探索してみました。要するに、この辺りの石灰岩の丘には色々生えているということなので。

a0212630_13365795.jpg
エスコバリア。
追記:おそらくワルノッキーだというご指摘です。

a0212630_13370348.jpg
太平丸。

a0212630_13370732.jpg
エキノケレウス。

a0212630_13384319.jpg
ど田舎です。

a0212630_13394268.jpg
モーテルに併設されているレストランでディナー。テキサス・スタイル・ナチョスとシェフ・サラダを注文したのですが、このボリュームで。美味しかったですが、食べきれず…。レストランの女主人がとてもフレンドリーな方で、気持よかったです。

a0212630_13440971.jpg
夜更け。ビール6缶セット(6缶セットでしか売っていない)を買って飲みながら美しい星空を眺めていました。オリオン座のM42とか綺麗に見えるんです。

a0212630_13441225.jpg
一人で寝るのが申し訳なくなるほど広くて寝心地の良いベッド。もちろんバスタブもあり、アメニティが良いので、まあ108ドルでもいいかな、と。

つづく。


by roka79 | 2014-02-11 14:20 | 自然観察
2014年 02月 09日

アメリカ旅行記 その5

アメリカ旅行記 その5です。
2014年1月20日の記録です。ビッグ・ベンド国立公園(Big Bend National Park)については一つの記事にまとめることも考えましたが、ものすごく長くなりそうなのでこれまで通りの書き方にします。
なお、今回から植物の画像はサイズを大きくしました。拡大出来るのでよろしければどうぞ。

フォート ストックトンからUS-385を南下するとMarathonという田舎町に着くのですが、Marathon Basinはサボテンの自生地として有名だそうで、ルサンタス(E. russanthus)などが生えているそうです。Shabomaniac!氏からの情報で、町の南3マイルほどにある丘(道路の右側)にエスコバリア・ミニマ(E.minima)やダビシー(E. viridiflorus var. davisii)などが生えているということなので、車を停めて丘に登りました。向こうで「TEXAS CACTI」という本を買ったのですが、これを見てもエスコバリア・ミニマの自生地はこの辺りだけと記載されています。

a0212630_10534525.jpg
ここです。右側の丘にも左側の丘にも鉄条網をくぐって登りました。ボーダー・パトロールが来た時の言い訳のためにトイレットペーパーを持って。しかし、いくら探してもお目当てのサボテンが見つからない!

a0212630_00304735.jpg
エスコバリアらしきものは見つけましたがミニマではない。

a0212630_10535902.jpg
キリンドロオプンチア・インブリカータ(Cylindropuntia imbricata)が実を付けていました。時間がないのでこの日はもう諦めて、ビッグ・ベンドに向かったのでした。

ちなみに、フィールドナンバーの付いたルサンタスは入手しまして。
a0212630_11040761.jpg
Echinocereus russanthus SB420 Brewster County, Texas
この辺りのものです。

a0212630_11090836.jpg
公園の入り口に到着。この先すぐにエントランスステーションがあるのですが、この日はたまたまフリー・デーということでタダで入れました。入園料は一週間20ドルです(車のフロントウィンドウの内側にペタッと紙を貼っておきます)。

a0212630_11134652.jpg
わかりやすくなるように、公園のマップを貼っておきます。

まず目指したのはDagger Flat。
a0212630_11160757.jpg
a0212630_11161068.jpg
ユッカのたくさん生えている所です。ここに亀甲牡丹が生えているという情報がありまして。

a0212630_00340210.jpg
御旗(Echinocereus dasyacanthus)

a0212630_00344461.jpg
おそらくこれはルサンタス。

a0212630_00355718.jpg
a0212630_00360188.jpg
問題はこいつです。エキノマスタスのようにも見え、エスコバリアのようにも見え…。でも単頭で生えていることからして、藤栄丸(Echinomastus mariposensis?)?調べてもなんとも言えないので、お詳しい方が居らっしゃいましたら教えてください。

追記:これはワルノッキー(Echinomastus warnockii)だというご指摘です。

a0212630_00421713.jpg
太平丸(Echinocactus horizonthalonius)
私が見た限り、ここの太平丸は辛そうでした。

a0212630_00422145.jpg
刺の長いオプンチア。うーん…Opuntia macrocentra?

探しても亀甲牡丹が見つからないので、諦めて次のポイントに移動。

a0212630_11314653.jpg
公園の東側、南東の端の方にあるHot Springs Rd.です(右にちょっと写っているダート)。

a0212630_11315257.jpg
a0212630_11315553.jpg
この辺かな…というところで車を停め、丘に登りました。冬なのに草花がたくさん咲いています。

a0212630_00422635.jpg
a0212630_00422901.jpg
松毬丸(Escobaria tuberculosa)

a0212630_00492512.jpg
a0212630_00493001.jpg
太平丸(Echinocactus horizonthalonius)です。

a0212630_00493509.jpg
これは、Corynopuntia(=Grusonia)の何かです。Corynopuntia aggeria?

a0212630_00501745.jpg
a0212630_00502115.jpg
a0212630_00502520.jpg
大碇(Ferocactus hamatacanthus)
これは結構たくさん生えていました。パッと見、羅紗錦と似ていてどちらもここに分布しているのですが、拡大して調べて大碇だろうと。

a0212630_11515184.jpg
道の終点まで行って、また丘に登りました。

a0212630_00510332.jpg
大碇(Ferocactus hamatacanthus)

a0212630_00510633.jpg
さて、問題はこいつです。ワルノッキー(Echinomastus warnockii)だと思うのですが、どうでしょう。
追記:これはコリファンタ・エキヌス(Coryphantha echinus - probably)だろうというご指摘です。


a0212630_11581322.jpg
公園の南東の端にあるBoquillas Canyonに行ってみました。下を流れるリオ・グランデ川の対岸はメキシコです。

a0212630_11582436.jpg
トレイルを散策。

a0212630_00560831.jpg
見た目と分布域からして、Opuntia aureispinaだろうと思います。

a0212630_00563135.jpg
ここにも太平丸が生えています。手前は枯れた個体の残骸ですね。

a0212630_00565171.jpg
Corynopuntia(=Grusonia)の何か。

a0212630_00570615.jpg
こんな風にマット状に広がってたくさん生えています。

a0212630_00572153.jpg
ヤトロファ・ディオイカ(Jatropha dioica)です。これもたくさん生えています。樹液が赤く、メキシコではSangre de Drago(竜の血)と呼ばれるデザートプランツ。

a0212630_00574062.jpg
a0212630_00574553.jpg
ほとんど横を向いて生えている大碇。

a0212630_12133273.jpg
夕暮れも迫ってきていましたが、もう一度Hot Springs Rd.の丘に登ってみました。しかしめぼしい収穫なし。サボテン探索はやっぱり難しい…。

a0212630_12133789.jpg
こうして、ビッグ・ベンドの初日は終わったのでした。見つけられなかったサボテンも多くて悔しかったですが、初めてならこんなものかもしれません。ここからフォート ストックトンまで200km以上あり、真っ暗な夜道を走って戻るのが辛かったです。休憩中に見た星空はものすごく美しかったですが。

つづく。


by roka79 | 2014-02-09 12:48 | 自然観察
2014年 02月 06日

Xerosicyos perrieri?

凍結から一日経ったら、メセンの凍害が予想以上で、ちょっと凹んでいます。
アメリカ旅行記の続きはもう少しお待ちください。

a0212630_20024386.jpg
数年前にこれを入手しまして、緑の太鼓みたいだけど葉っぱが楕円形だな…と思っていたのですが、クセロシキオス・ペリエリ(Xerosicyos perrieri)で合っているんでしょうか。

a0212630_20064046.jpg
現在の姿です。うーん…どうなんでしょう。Xerosicyos perrieri?


以下、おまけ。

a0212630_20080373.jpg
オトンナ・カキリフォリア(Othonna cakilifolia)の2012年秋蒔きの実生苗です。葉っぱが大きくてなんだか野菜みたい。

a0212630_20080786.jpg
こっちは塊根の上の方がダメになってしまって、捨てようかなと思ってよく見たら芽が出て来ているのに気付いて植え直した株です(芽が出ているのわかるでしょうか)。


a0212630_20144224.jpg
象の木という和名が付いているパキコルムス・ディスカラー(Pachycormus discolor)の実生苗です。私が下手なせいもあるでしょうが、とにかく成長が遅い…。冬になってからの方が元気です。

おわり。


by roka79 | 2014-02-06 20:23 | コーデックス
2014年 02月 05日

メセンが凍っちゃった

昨夜は雪が降った後、冷え込みましたね。
タイトルの通り、ビニールハウスの外に出したメセンが凍ってしまいました。

自宅でベランダ栽培してた時はメセンは冬も外に出しっぱなしで、寒さに当たって締まるし、綺麗に赤く色づくものも多かったのですが、ハウスの中で甘やかしているとなかなかそうはならない。で、厳しくしようと思って外に出したばかりなのですが、いきなり…。「凍るの上等」とか某所でほざきましたが、アホでした。

a0212630_18093019.jpg
大丈夫だろうと思ってハウスで別の作業をしていたのですが、近づいて見てみると…。

a0212630_18114599.jpg
Oscularia deltoides 光琳菊
凍っています。これは…死ぬことはないかなあ?

こらあかんと思って、すぐに全部中にしまって、状態をチェックしました。

a0212630_18142043.jpg
Aloinopsis orpenii  錦輝玉
耐寒性が強いはずのアロイノプシスなのに凍っています。他のアロイノプシスやチタノプシスは大丈夫だったのですが。これお気に入りなので、どうか死なないで…。

a0212630_18190111.jpg
フォーカリア。右のFaucaria bosscheana 片男波は葉を触った感じ大丈夫そうなのですが、左の怒涛はブニョブニョで完全にアウト。

a0212630_18190458.jpg
このリトープスもブニョブニョでアウト。他のリトープスは大丈夫だったのに…。

a0212630_18190669.jpg
Sceletium joubertii SB979
でれーん。これは死んだらショックです。

a0212630_18280542.jpg
灌木メセンは耐寒性が強いようで、ルスキアとかへっちゃらという感じでしたが、Delosperma echinatum 雷童も凍りました。これは死ぬことはないと思いますが。


実は2012年にも試しに一部を外に出してみたことがあって、凍ってしまったものがあったのですが、やっぱり私の環境ではメセンの屋外越冬は完全に不可能だということがよくわかりました。自宅からさほど離れていないのに、市街地じゃないから寒さが違うんですね…。


a0212630_18390789.jpg
ハオルチアとサボテンの画像も貼っておきます。
Haworthia cymbiformis var. setulifera MBB6573 Highclera

a0212630_18461224.jpg
Mammillaria picta ssp. viereckii


おわり。


by roka79 | 2014-02-05 18:49 | メセン
2014年 02月 03日

アメリカ旅行記 その4

アメリカ旅行記 その4です。
2014年1月19日の記録です。この日の予定は、エル・パソ(El Paso)中心部のすぐ北にあるフランクリン・マウンテンズ州立公園(Franklin Mountains State Park)に行ってサボテン探索をしてから、Interstate 10を東にひた走ってフォート ストックトン(Fort Stockton)に移動するというもの。フォート ストックトンは今回のアメリカ旅行の大本命であるビッグ・ベンド国立公園に行くための拠点にしようと思っていた町です。


ところで、前回の記事で載せ忘れましたが、せっかくメキシコに接したエル・パソに居るのだからメキシコ料理を食べようと思い、夜はメキシカンレストランに行きました。
a0212630_21474612.jpg
a0212630_21475068.jpg
メキシカンミュージックの生演奏もあり、お店の雰囲気は良かったのですが、料理はチップ込みで16ドルの割には…という感想。

a0212630_21504962.jpg
エル・パソの朝。寒かったです。摂氏3度。

a0212630_21515294.jpg
州立公園に到着したのは午前7時半頃。看板には午前8時~午後5時と書いてありましたが、エントランスステーションには係員が居て、入れてくれました。

a0212630_21520471.jpg
西側の斜面はまだ日陰になっています。

a0212630_21551051.jpg
a0212630_21551498.jpg
a0212630_21551775.jpg
羅紗錦(Ancistrocactus uncinatus =Sclerocactus uncinatus ssp. wrightii)を発見。

他のサボテンも日陰で見つけたのですが、日が当たっている方が美しいので割愛します。

a0212630_21574007.jpg
このアガベがたくさん生えています。調べたら、Agave lechuguillaのようです。

a0212630_21574456.jpg
これは何でしょう?よくわからないのですが、素敵な植物だなと思いました。

a0212630_21574681.jpg
松毬丸(Escobaria tuberculosa)のバラバラ死体。一部生きているかな?と思いましたが枯れていました。

a0212630_22031500.jpg
朝日を浴びたオプンチア。Opuntia phaeacanthaだと思います。

a0212630_22032145.jpg
探索した場所です。駐車場からそれほど離れてはいません。

a0212630_22053879.jpg
a0212630_22054018.jpg
太平丸(Echinocactus horizonthalonius)です。この美しさ!太平丸がもうそこらじゅうに生えていて感動しました。

a0212630_22074940.jpg
a0212630_22075147.jpg
a0212630_22075433.jpg
半ば地面に埋もれていますが、遠目からでも目立ちます。
a0212630_08280867.jpg
a0212630_08281002.jpg
a0212630_22090311.jpg
太平丸の枯れた個体。たくさんありました。ここはアガベやオプンチアの枯れ込みも激しく、相当過酷な環境なのだろうと想像出来ます。

a0212630_22111332.jpg
a0212630_22111551.jpg
白紅司(Echinocereus chloranthus)

a0212630_22163803.jpg
a0212630_22203125.jpg
松毬丸(Escobaria tuberculosa)

a0212630_08313853.jpg
a0212630_22173410.jpg
a0212630_22182415.jpg
同じ太平丸と言っても個体差があって、観察がとても楽しい!

a0212630_22214693.jpg
正直に言いますと、これだけたくさん生えているなら、小さいのなら掘ってもいいかな?と思ってしまいました。もちろんそんな不届きはダメなので、花殻の付いているのを見つけたらせっせと採取して我慢しましたが。

a0212630_22292952.jpg
白紅司(Echinocereus chloranthus)

a0212630_22293168.jpg
御旗(Echinocereus dasyacanthus)
a0212630_22245481.jpg
東向きの斜面です。傾斜はゆるやかです。ここに太平丸がたくさん。

a0212630_22273244.jpg
a0212630_22274015.jpg
駐車場まで戻って、反対側の山にも登ってみました。しかし、不思議なことにここにはサボテンが少ない。太平丸もまったく見つかりませんでした。

a0212630_22332335.jpg
アガベの陰に隠れるように生えている白紅司。

a0212630_22333109.jpg
これは松毬丸の幼い個体だと思います。

もっと時間をかけて州立公園全体を回って探索したら、幾つかの他のサボテンを見つけることが出来たのでしょうが、まあそこは仕方ないです。野生の太平丸をじっくり観察することが出来たので大満足です。実を言うと、これまで太平丸には「金持ちの盆栽趣味」というイメージがあってそれほど魅力を感じなかったのですが、ここに来てみて取り憑かれてしまいました。花殻をたくさん日本に持ち帰ったので、種が採れたら蒔いてみようと思います。野生の姿に近づけるのは難しいとは思いますが。


なお、私のブログと同じタイミングでShabomaniac!氏がこのフランクリン・マウンテンズ州立公園について私のよりずっと素晴らしい記事(宝の山!フランクリン・マウンテン (前編)宝の山!フランクリン・マウンテン(後編))を書かれているので、ご興味があればそちらを参照してみてください。


さて、フォート ストックトンへの移動ですが、何を血迷ったのかInterstate 10を外れてUS-62/180をカールズバッド(Carlsbad)の方に向かって走ってしまい。

a0212630_23070251.jpg
ボーダーパトロールの検問所。「フォート ストックトンに行くのに何でこっちに来たんだ?」と笑われてしまいました。

a0212630_23070006.jpg
巨大な塩湖がありました。Alkali Lakesという塩湖だそうです。

a0212630_23101799.jpg
夕方に、無事にフォート ストックトンに到着。

a0212630_23102850.jpg
Motel 6は安いです。税金がつくので50ドル近くにはなるのですが。

a0212630_23103284.jpg
このオンボロ車は捨てられているのか?と思ったら、そうではないという…。中もすごくオンボロ。

a0212630_23103722.jpg
モーテルの室内。独りで泊まるには十分以上の広さですし、快適に過ごせます。まあ、このモーテルには冷蔵庫がないというのが欠点ですが。

さあ、いよいよ翌日からはビッグ・ベンド国立公園行きです。

続く。


by roka79 | 2014-02-03 23:38 | 自然観察
2014年 02月 01日

温室訪問

ご近所?の某趣味家さんの温室に多肉仲間数名で訪問しました。許可を得たので画像を載せます。ここの温室はとにかくすごいので。


a0212630_20225389.jpg
Whiteheadia bifolia(=Massonia bifolia)

a0212630_20225688.jpg
バルブ色々。真ん中にあるのはドリミアです。

a0212630_20225940.jpg
Pelargonium spinosum
刺々しくて最高にステキ。これの種が手に入りません。いくら挿してもぜんぜん発根しないそうです。

a0212630_20230132.jpg
Herreanthus meyeri
翼という和名が付いています。

a0212630_20230318.jpg
Gibbaeum geminum
青数珠玉。これは私も先日入手したのですが、詰まっていてステキです。

a0212630_20285310.jpg
Ebracteola の何か。こんな葉のエブラクテオラは知りませんでした。

a0212630_20285711.jpg
Eberlanzia spinosa
この刺々しい灌木メセンががががが。これの種も入手出来ません。

a0212630_20313207.jpg
Puya mirabilis
大量に実生していました。自家採種したものだそうです。ものすごい数。

a0212630_20313573.jpg
Cissus rotundifolia
真ん中に写っているヤツです。ステキ。

a0212630_20313918.jpg
Euphorbia hedyotoides
真ん中に写っているヤツです。ウチのもここまで立派にならないかなあ…。

a0212630_20352071.jpg
Crassula volkensii
可愛いお花が満開。でもこれ、確か臭かったような…。

a0212630_20352281.jpg
この幹がうねっているのは雲南のベゴニアだそうです。暑さにもそれほど弱くないとのことでした。

a0212630_20352559.jpg
Aloe tidmarshii
こういうアロエ大好きです。この株はジンバブエ産だそうです。

a0212630_20402525.jpg
Euphorbia filiflora
魔女の箸という和名があります。レアなユーフォ。

a0212630_20402600.jpg
Aloe dorotheae
真っ赤でステキ。なぜかこれまで持っていなかったアロエです。

a0212630_20402893.jpg
Aloe thorncroftii
レアな鮫肌アロエ。私も実生しましたが、生き残っているのは一本だけ…。無事に大きくなるといいのですが。

a0212630_20403008.jpg
Euphorbia clivicola
ここまで大株になるとかっこいいですね。

a0212630_20403286.jpg
Euphorbia ankarensis
もう咲いていました。可愛い。

a0212630_20475490.jpg
Aloe pillansii
ここまで背が高くなるのには相当な年月を要したはずです。


日も傾いて来たので辞去しました。とても楽しかったです。ここに来ると良い刺激になります。

おわり。


by roka79 | 2014-02-01 20:56 | 多肉植物その他